「お菓子」の記事一覧

ぶどうの和菓子・フルーツ和菓子・具象の世界

お菓子

生のブドウと和菓子に、どんな関係があるのかと思いましたが、実は、生のブドウを使った和菓子はたくさんあるのです。 和菓子の世界は、江戸時代に完成を見た上生菓子に見られるように、抽象的なデザインの世界です。 ところが、近年で・・・

和菓子の団子の歴史・みたらし団子と花見団子

お菓子
こしあんの作り方

団子というのは、非常に素朴なものです。 粉状のものを丸めて食べれば団子ということになるからですね。 日本の団子の起源といわれるものが、ひとつではないことをよく理解しておいていただきたいと思います。 団子の起源!3つの説 ・・・

新しい和菓子の定義とプリン

お菓子
洋菓子の特徴

プリンは、洋菓子でしょう?と思われる方も多いと思います。 けれども、私たち日本人が大好きな、カスタードプリンは、外国のプリンとちょっと違うのです。 今回は、和菓子の視点から、プリンを考えてまいります。 和菓子の特徴とは!・・・

練り物と呼ばれる和菓子について

お菓子
和菓子と洋菓子

和菓子の練り物は、工程に、練る作業を入れるものです。 求肥(ぎゅうひ)、すあま、州浜(すはま)、練り切り、こなし、雪平(ぜっぺい)、練り羊羹(ねりようかん)、水羊羹(みずようかん)などがあります。 今回は、それぞれについ・・・

すあまの歴史とまぎらわしい菓子との違い

お菓子
人気の和菓子、水無月とすあまの作り方

「すあま」という和菓子があります。 関東では、よく知られていますが、関西では見かけることの少ない和菓子です。 今回は、そんな「すあま」の歴史と種類、さらには、「すはま」や、その他まぎらわしい和菓子との区別について、まとめ・・・

せんべいの歴史と種類

お菓子

せんべいとは、でんぷん粉を水で溶かして、焼いたお菓子です。 この食べ方は、大変に歴史の古いものなのですね。 今回は、そんなせんべいの歴史と、種類を見てまいりましょう。 せんべいの歴史 関東と関西で、同じ名前でも違う和菓子・・・

おはぎの歴史と異名について

お菓子
粒あんの作り方

おはぎは、餅米とうるち米をやわらかくつぶしたお餅を、あんこでくるんだお菓子です。 同じ和菓子を、ぼたもちと呼ぶ地域もあるでしょう。 現代では、主に、春と秋のお彼岸に食べます。 しかし、おはぎほど、さまざまな呼び名のある和・・・

夏も冬も和菓子のあんみつ

お菓子

空調のきいた今の時代、あんみつに季節はありません。 東京・銀座に行ったら、ぜひ訪れていただきたいのが、若松さん。 みつ豆から、あんみつを考案した老舗です。 あんみつという和菓子には、何とも言えない、わくわく感があると思い・・・

おまんじゅうは和菓子のかしら(頭)

お菓子

和菓子といえば、お茶。 お茶といえば、茶道ですね。 茶道でも、主菓子(おもがし)の中で、普段のお茶に、一番使われるのがお饅頭(まんじゅう)です。 今回は、そんな和菓子のかしら(頭)ともいえる、お饅頭についてお伝えします。・・・

ページの先頭へ