生クリームや卵をふんだんに使った洋菓子はとても魅力のあるお菓子で、和菓子と洋菓子のどちらが好きかというアンケートで、は聞く必要があるのかというほどの差をつけている人気のお菓子です。
しかしそんな洋菓子でも、どうしても和菓子に勝てない部分はあります。この記事では、洋菓子と和菓子を比べた際に異なってくる部分をご説明いたします

世間が思う事

洋菓子屋さんで売っているお菓子はどれも「スイーツ」という感じで、若い方々に人気があります。
この若い方は洋菓子が好きで、ご年配の方は和菓子が好きだという傾向は実に理に適っていることだと思います。
歳を重ねると身体が極度に甘いものや生クリームのこってり感を多く受け付けなくなってしまい、苦手になっていきます。しかし甘いものは食べたい!
そのようなときには自然と和菓子に移っていき、そこでこんなにも美味しいものだったのか!と再確認できるため、ご年配の方は和菓子好きが多いのです。
和菓子派の方々に、何故和菓子が好きなのかと聞いたアンケートがありますが、その結果を一部ご紹介いたします。
一番思われていたことは、季節感があり伝統を感じることが出来るという声でした。これはアンケート上では和菓子好きの半数以上が思っていることで、見た目だけで日本の四季を感じることが出来る洋菓子にはない和菓子の良さですね。
他には「低カロリーで健康に良い」や「甘すぎない」「お茶とあんこの組み合わせが最高」という声が大きかったです。
確かに和菓子は緑茶に合うように作られているともいわれていますので、この組み合わせは王道ですね。その落ち着いた甘さになれてしまうと、洋菓子のまた種類の違う甘さがキツく感じてしまいます。
そして、洋菓子派の方にも是非知っていただきたいのが、下記でご紹介する「お菓子と健康について」です。

ダイエット中でも食べられる

女性ならば一度は自分の体重を気にしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットをしている時のお菓子は厳禁!と言われることも多いのですが、それは大きな語弊があります。
和菓子ならはダイエット中に食べても全く問題がありません。もちろん食べ過ぎはいけませんが、一日まんじゅう一つやお団子1本程度ならば許容範囲です。
洋菓子の代表・ケーキと比べると一目瞭然なのですが、例えばレアチーズケーキ1つのカロリーは約420kcalで、どら焼き1つのカロリーは約250kcalと、カロリーのみでみても大きな差があります。
しかしここで見てほしいのはカロリーだけでなく、和菓子の原料に含まれている栄養です。どら焼きに使われているあんこには、食物繊維やビタミン類が豊富で、ダイエット中に必要な栄養を多く含んでいます。
食物繊維はお通じを整えるために、ビタミンや鉄分は美肌効果も期待されていますので、どれも女性には嬉しいものですね。
そして和菓子は脂質が非常に少ないため、身体に油をため込むこともありません。
あんこを使っている和菓子は非常に多いため、ダイエットをしていなくても栄養摂取のためにぜひ食べていただきたい食品であります。

さいごに

洋菓子にはない和菓子の良さをご紹介いたしましたが、洋菓子派の方も是非和菓子を少し食べてみてください。今まで意識しなかった風味に気付けるかもしれませよ。
一つ一つの値段も安く、少し何か食べたいときにも手軽に食べることができますので、和菓子の良いところを思い出して食べていただけたらいいなと思います。