都松庵・AN DE COOKIE

創業開始から60年余りの「京都のあんこ屋」から生まれた『AN DE COOKIE』は都松庵の代表作と言っても過言ではありません。小麦粉不使用で白あんの原材料である「白いんげん豆生あん」を米粉生地に練りこんだあんこ専門店ならではのクッキーと言えます。クッキーという名前で販売されていますが、普通のクッキーとは違い口の中に含めばホロホロと崩れていきます。素朴な味ながらその新食感に魅了された人は多くリピーターが後を絶えません。このクッキーの味ですが、プレーン・抹茶・ココナッツ(夏限定)・アークボール・フランボワーズ・きなことたくさんの味を用意されています。

Crochet(クロッシェ)・京あめ

クロッシェの「京あめ」は古くから日本にある技術と海外で経験を積んだ美しさを掛け合わせたいという志から誕生しました。「白絹手鞠」は白い小さなレモンライムの飴玉です。とても綺麗な色合いとさっぱりとした美味しさから「食べると幸せになれる」と噂がたつほどです。お土産として購入される方も多いようです。「白絹手鞠」のほかにも抹茶味の「濃茶手鞠」や、京都の紅葉を彷彿とさせるオレンジ味の「紅葉手鞠」も大変人気があります。

京都祇園あのん・あんぽーね

「京都祇園 あのん」は京町家を改装したという風情とモダンがミックスされた店構えをしています。こちらでたべることができる菓子は「あんぽーね」と言います。あんぽーねは作りたての美味しさにこだわり、香ばしく歯切れの良い最中の皮とじっくり美味しくかつ甘く炊き上げたつぶあんとマスカルポーネチーズを使用した自家製クリームを自分が食べたい配分で作り食べることができます。菓子に塗るのもあり、ご飯に塗るのもありととにかく自分が作りたいように組み合わせることができます。

nikiniki・カレ・ド・カネール

京都のお土産の定番といえば「八つ橋」ですがnikinikiの「カレ・ド・カネール」はお好みによって組み合わせが効く生八つ橋を提供しています。来店して最初にすることはシナモン、抹茶、ロゼ、アズール(ニッキ味)、セサミの5種類の味をした生八ツ橋を選択します。その後、4種類のあんと4つのフルーツのコンフィからトッピングします。フルーツは季節によって変わるのですでに足を運んでいたとしても再度来店しても良いかもしれません。

塩芳軒・雪まろげ

明治時代に創業を開始し、130年以上の伝統がこの塩芳軒にはあります。京都を代表する和菓子店の1つです。「雪まろげ」は小さくまるまるとした紅白菓子が入っています。名前の通り雪のような柔らかい口どけが特徴です。口の中で溶け始めたと同時に優しい甘さが口いっぱいに広がります。上品な和三盆を堪能できる至高の和菓子です。

eX café(イクスカフェ)・京黒ロールくろまる

真っ黒なロールケーキ生地に白の生クリームが入った「京黒ロール くろまる」はモノトーンのロールケーキという一見珍しい形をしています。しかし、ちゃんと京都らしい上品さが表現されています。かみごたえのある生地には100%天然の食用竹炭が使用されています。また、ロールケーキの中のクリームは京都らしいあっさりした生クリームが使われています。口の中にはほのかな甘みと竹炭の「シャリッ」とした食感は他店では食べることのできない商品になっています。