卵と牛乳を混ぜるだけで簡単にホットケーキが作れるホットケーキミックスはおやつ作りの味方です。ホットケーキミックスには風味を良くする香料や膨らみやすい膨張剤などが入っているので材料をたくさん揃える必要がなく、簡単に和菓子を作ることができるんです。今回はホットケーキミックスを使った和菓子の作り方をご紹介します。

ホットケーキミックスに入っている材料

ホットケーキミックスにはあらかじめいくつかの材料が入っています。主な材料は小麦粉と甘さの砂糖、しっとりさせるための水あめ(粉末水あめ)と生地を膨らませるためのベーキングパウダー、そして風味を良くするために入るバニラなどの香料、乳化を促すための乳化剤などがあげられます。

乳化とは簡単にい言えば油と水がしっかり混ざる作用のことでマヨネーズ(酢と油)やドレッシングなども乳化の作用を利用して作られています。

ホットケーキミックスで作る和菓子

ホットケーキミックスを使って簡単に作れる和菓子にどら焼きがあります。どらやきの主な材料は小麦粉、砂糖、重曹、みりん、はちみつ、卵などです。ホットケーキを作るときとの違いはみりんとはちみつですがこの二つはどら焼き独特の風味と均一に香ばしい焼き色を付ける役割があります。

主な材料がすでに含まれているホットケーキミックスを使えばどら焼きなどの和菓子を簡単に少ない材料で作ることができる理由がわかります。

どら焼きを作るときの膨張剤(ふくらます役割)は重曹ですがホットケーキミックスにはベーキングパウダーが入っています。ではこの二つの膨張剤にはどんな働きの違いがあるのでしょうか。

重曹とベーキングパウダーの違い

ホットケーキミックスに入っている膨張剤はベーキングパウダーです。主に和菓子に使う膨張剤にはもうひとつ、重曹があげられます。重曹とベーキングパウダーの違いを知ってそれぞれの役割に沿った和菓子作りをしましょう。

まず重曹は英語でベーキングソーダと呼ばれ、水と混ぜてからさらに熱を加えることで二酸化炭素を発生させて膨らみます。カルメ焼きを膨らますのにカラメルに入れる少量のペーストは重曹を練って割りばしの先に漬けたものです。あのように熱が加わったとたんふくらみます。

一方でベーキングパウダーは重曹をベースに助剤と呼ばれるクエン酸や酒石酸を入れることで重曹の弱点だった変色を防いだものです。ベーキングパウダーは水分が混ざった生地の状態からガスを発生させるので生地を作ってからすぐに焼く必要があります。

以上のことからホットケーキミックスを使って和菓子を作る場合、作った生地をすぐに焼くことが成功のポイントになります。

ホットケーキミックスを使ったどら焼きの作り方

【材料】
卵…1個
ホットケーキミックス…80g
牛乳…大さじ3
みりん…大さじ1
ハチミツ…大さじ1

サラダ油…少々
つぶあん…適量
【作り方】
1.生地を作る。ゆであずき以外の材料をボウルに入れ、泡立て器でなめらかになるまでしっかり混ぜます。
2.しっかり温めたフライパンを一度濡れふきんにあてて全体を均一な熱さにし、サラダ油を薄く敷きます。レードルに半分程度の生地を丸く流し、中火で焼きます。
3.表面にぷつぷつと気泡が上がってきたらひっくり返し、数秒焼いたら取り出して自然に冷まします。
4.つぶあんを挟んで出来上がりです。