「お店で購入」ではなく、「自宅で手作り」

和菓子を食べたい時、お店で購入することが当然になっている現代。しかし実は和菓子は自宅で手軽に作れるものなのです。それも、洋菓子のようにオーブンを使う必要はありません。フライパンで焼いたり、茹でたり、冷やしたりするだけ。製作時間も5分で済むものもたくさんあるのです。ここでは自宅で気軽に作ることができる、身近な和菓子のレシピを紹介いたします。

バリエーションがたくさん!みたらし団子

材料

・白玉粉・・・100g

・水・・・90~100ml

・上新粉・・・100g

・熱湯・・・90-100ml

・A(砂糖50g、かたくり粉大さじ1、しょうゆ大さじ3、みりん小さじ1、水120ml)

・竹串・・・8本                   ※8本分      

1.竹串の準備をしましょう

竹串は、焼くときにこげないように、水につけておきます。

2.白玉粉に水を混ぜましょう

白玉粉をボールに入れ、分量の水を少しずつ加えながら、粉っぽさがなくなるまで木べらで切るようにして混ぜます。

3.上新粉に水を混ぜ、生地をこねましょう

別のボールに上新粉と熱湯を入れ、粉っぽさがなくなるまで木べらで切るようにして混ぜます。2の白玉粉を加えて、生地が耳たぶくらいのやわらかさになるまで手でよくこねます。

4.生地をだんご状にして茹でましょう

3でよくこねた生地を棒状にして、32等分し、1つずつを手で丸めて団子にします。熱湯に丸めた団子を入れ茹でます。生地が浮いてきたら、そこから更に1分茹でて水に取ります。

5.竹串に茹でた団子を刺し、焼きましょう

竹串に団子を4個ずつ刺します。その後オーブントースターなどのグリルで焦げ目が点くまで焼きます。

6.たれを作り、団子に絡めて完成!

鍋にAを合わせます。こげないように木べらで混ぜながら、中火で熱します。タレが沸とうしてから更に1分ほど煮詰め、5で焼いた団子に絡めて完成!

応用編

・磯辺焼き・・・串に刺した団子を焼く前に、しょうゆ大さじ3とみりん小さじ1を合わせたタレをたっぷりと塗ります。焼きあがったらもう1回タレを塗り、細切りの海苔と一味唐辛子をまぶして完成。

・あんこ・・・団子を焼いたのち、あんこを団子に適量乗せたら完成。

出来たてだとプルルン美味しい!わらび餅

材料

・わらび餅粉・・・100g

・水・・・450ml

・砂糖・・・50g

・A (きな粉大さじ3、砂糖大さじ3、塩少々)     ※4人分

1.わらび餅粉を混ぜましょう

ボールにわらび餅粉を入れ、分量の水を少しずつ加えて、指先でつぶして混ぜます。ダマがないようにどろどろの状態にしてから、残りの水と砂糖を加えて混ぜましょう。

2.わらび餅粉に火を加えましょう

鍋に、1で混ぜたわらび餅粉をざるなどでこしながら入れ、強火にかけます。木べらでよく混ぜながら、底のほうが固まってきたら火を弱めます。透明感が出て、全体がひとかたまりになってきたら、1~2分練って火を止めます。

3.わらび餅粉を冷やして、餡をかけて完成!

ボールに冷たい水を用意します。水で濡らしたスプーンで3でよく練ったわらび餅粉をひとさじずつすくい、水に落し入れます。すべて落し入れたら水を変え、10分ほど冷やし、器に盛ります。そしてAを混ぜた餡をかけたら完成!

手作りのわらび餅は、出来たてのプルルンとした食感を楽しめますが、すぐに固まってしまいます。なるべく早く食べるようにしましょう。

和菓子でおもてなしをして一目置かれよう

今回ご紹介した和菓子は、本格的に見えて実は非常に簡単に作ることができるものです。自宅にお客さまをおもてなしする際に作ってみてはいかがでしょうか。手作りだと伝えたら、きっと一目置かれること間違いなしです。