和菓子の「ちまき」とは?

「ちまき」は元々中国から日本に伝来した食べ物です。しかし中国の「ちまき」は、もち米に肉や筍、栗などの具材を入れて、甘辛く味付けして竹の皮で巻いている、日本でもお馴染みの中華ちまきです。日本では長い年月の間に、「ちまき」の形状も細長くなり、中にはお餅を入れるなどして和菓子化していきました。現在は笹の葉で包まれている「ちまき」ですが、古くは茅(ちがや)で包んでいたことから、「ちがやまき」がそのうち「ちまき」と言われるようになりました。茅は生命力のある植物で、日本各地で行われる厄除け行事の「夏越の祓(なごしのはらえ)」に使われる直物でもあります。近年の「ちまき」は餅の中に餡を入れたり、味も様々な和菓子が登場しています。「ちまき」の形は毒蛇に見立てているといいます。毒蛇に見立てた「ちまき」を食べると免疫がついて身体を守ると考えられたからです。京都の祇園祭でも厄除けとして「ちまき」が買い求められます。

端午の節句に「ちまき」を食べるのは?

端午の節句の5月5日は、中国の屈原の命日です。屈原は悲劇の英雄と言われており、優秀ゆえに妬まれ、遂には失脚して水に身を投げ生涯を終えた人物です。供養のために投げ込んだ供物が「ちまき」の始まりと言います。日本で平安時代には、端午の節句に厄除けとして「ちまき」を用意していました。江戸時代になり「ちまき」も甘味を加えて、和菓子に近いものになっていきました。

端午の節句の和菓子は地域差がある

食文化の違いなのか風土の違いなのか、端午の節句に食べられる和菓子は、西と東で違いがあるのをご存知でしょうか。大まかに西日本では「ちまき」、東日本では「かしわ餅」とわかれています。それは、西日本にはかしわの木が自生していなかった理由もあります。また、「かしわ餅」は徳川家重の時代の頃に江戸で誕生し、主に東日本で食べられたと思われます。現在は和菓子屋さんなどで、「ちまき」も「かしわ餅」も入手可能ですが、東西に今でも古くからの慣習が受け継がれているのではないでしょうか。

日本全国の「ちまき」と和菓子

全国には、端午の節句に「ちまき」や「かしわ餅」ではない、地方色豊かな和菓子を食べているところがあります。北海道では「べこもち」と言って、木の葉型の白黒2色の和菓子を食べています。白と黒が牛(べこ)のように見えることから、「べこもち」と呼ばれるようになりました。「ちまき」のように葉で包んだりはしません。長野県木曽地域では「朴葉巻(ほうばまき)」と言って、米粉の皮で餡を包み朴(ほお)の葉でくるんで蒸した和菓子を食べています。朴はもくれん科の落葉高木で、下駄の材料としても使われます。主に月遅れの端午の節句に食べられる和菓子です。島根県奥出雲の「笹巻」は、もち米粉を練って丸め、笹の茎(芯)を刺します。その後、笹の葉を5枚程使って巻いていき、い草で結んで茹でます。この作業は、家族総出で協力してやるのがこの地方の風習です。完成した和菓子は、醤油や黄な粉などお好みで食べます。奥出雲でも月遅れの端午の節句に食べられるようですね。九州では「あくまき」といって、少し変わった「ちまき」が食べられています。灰汁に漬けたもち米を、灰汁につけた竹の皮で包んで、更に灰汁で炊くというもの。「あくまき」は通常の「ちまき」の形とは違っていて、長方形なのが特徴です。山形県庄内の「ちまき」は三角形をしています。もち米を笹の葉で巻き、灰汁で炊くというものです。灰汁で炊いた黄色い「ちまき」は南庄内で、北庄内は灰汁を使わない白い「ちまき」だと言います。地域によっても違っているのが面白いですね。いずれも子供の健やかな成長を願っているのは、変わらないようです。