身近な和菓子の由来、ご存じですか?

私達日本人が日常的に目にし、口にする和菓子。和菓子には、羊羹や練りきりのような餡が味の元になっているものから、お煎餅のような焼き物までその種類は多岐に渡ります。しかしながら、それぞれの和菓子には、名前やその誕生にきちんとした由来があるということをご存じでしょうか。

今回はその中でも馴染みの深い和菓子について、その名前もしくは誕生の由来をご紹介します。

おはぎ

もっちりとしたもち米をたっぷりとした粒あんが包んでいるのが特徴の和菓子です。おはぎの歴史は大変深く、遡ること中世に及びます。中世、この粒あんの小豆の皮が、表面に点々と散っている様子が、小さな萩の花が咲き乱れる様子に似ていることから「萩の餅」「萩の花」と呼ばれていたものを、宮中に仕える女官の言葉使いで「おはぎ」と呼んだことが由来であると言われています。

また江戸時代になると「隣知らず」と呼ばれていたこともあります。おはぎはもち米を使っているにも関わらず、臼でついて作る必要はありません。そのため、餅つきの音を隣近所が聞くことがなく「隣が知らないうちに」出来あがってしまう和菓子であることから、このように呼ばれていました。

桜餅

塩漬けした桜の葉が良いアクセントになる桜餅は、春の風物詩と言えます。この桜餅の歴史は江戸時代に遡ります。塩漬けした桜の葉で餅を包むという手法は、江戸時代では大変画期的で斬新でした。この作り方は、向島にある長命寺というお寺の門番をしていた新六という人が発案したと言われています。春になると桜の葉の掃除に悩まされていた新六は、この桜の葉をどうにか利用できないものかと考え、塩漬けしてみました。この桜の葉で餅を巻いて売り出したところ、大変に評判になったそうです。

柏餅

柏の葉でお餅を包んだ柏餅は端午の節句に欠かせない和菓子です。柏餅は、その名前の由来というより誕生の由来の方が意味を含んでいます。柏餅は名前通り、柏を使った和菓子です。実は、柏の木というものは新芽が出ないと古い葉が落ちない性質を持っています。武家社会では、子孫が続かなければ家が絶えてしまうため、子孫繁栄が非常に大切なことでした。そんな時代に、新芽という子孫が必ず芽生える柏の木に縁起を取り、子孫繁栄を象徴する菓子として、柏餅が誕生したのでした。そして現在のように端午の節句に柏餅を食べる風習が根付いたのは、この縁起の良さに加え、餅で餡を包むときの手つきが、柏手を打つ動作に似ていておめでたいという意味もあると言われています。

きんつば

きんつばというと、粒餡を四角く固めて焼いた和菓子です。現在はきんつばというと四角いものがおなじみですが、元は日本刀の鍔のように丸い形をしていたということをご存じでしょうか。

きんつばは大阪で誕生しましたが、その元の形状の通り、当時は「ぎんつば」の名で売られていました。当時の大阪の「ぎんつば」は周りに米粉をまぶして焼いていたため、焼き色がつきにくい特徴がありました。そのため色が灰色、銀色であったため「ぎんつば」と言われいました。しかし江戸では小麦粉を水溶きにして、それをまぶして焼いたため、焦げ色がつき、黄色、金色になっていたこと。更に大阪に対抗心を持って「銀より金が上」であるということで「きんつば」と呼ばれるようになりました。その後、全国的に「きんつば」が一般的な呼称となっていきます。

和菓子には日本人らしい感性が沢山詰まっている

和菓子の由来を知ると、その一つ一つに長い歴史や縁起付けなど、日本人らしい感性が隠れていることが分かります。いつも何気なく口にしている和菓子ですが、当時の人々に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。慣れ親しんだ和菓子も、なんだかいつもと違った美味しさを感じられるはずです。