米どころ新潟。和菓子も抜群の美味しさ!

米どころ、雪国でお馴染み、日本海に面する新潟県。日本列島の中でも特にはっきりとした四季があるため、農作物を中心に日本有数の豊かな土地です。つまり、お米だけでなく、和菓子の材料となる作物も多く収穫される「和菓子どころ」でもあるのです!今回は、そんな新潟でも有名な和菓子、銘菓をご紹介します。

【江口だんご】ここは外せない!もちもち柔らかい新潟名物団子

新潟の和菓子と言ってまず最初に名前が挙がるのは、「江口だんご」です。創業明治35年の老舗で、平成17年に古民家を再生した本店を長岡市宮本町につくりました。宮本町はゆったりと時間の流れる里山と川に囲まれており、お店の雰囲気を楽しむ目的で来るお客さんもいるほど。

手作りのお団子は毎日新鮮そのもの。お団子でありながら、白玉のようにしっかりとした弾力があるのが特徴です。また柏餅や新潟名物笹団子からは、ふわっと葉の豊かな香りが口の中に広がります。またお団子だけでなく、お赤飯や焼き菓子、ずんだや笹餅のような季節のお菓子も置いているのが特徴です。

住所:新潟県長岡市宮本東方町熊之宮52-1

【亜月亭】贈答にもぴったり!豆の個性を楽しめる甘納豆

亜月亭は、新潟県新発田市にある和菓子屋です。名物は、なんと言っても甘納豆です。一口に甘納豆といっても、亜月亭の甘納豆は、なんとその数10種類!豆の個性をしっかりと活かし、それぞれの違いを楽しむことが出来ます。また甘納豆だけでなく、羊羹、玄米おにぎり、大判焼きも名物です。実は、亜月亭は昭和26年に製餡所として創業しているため、その餡は絶品。こし餡は、非常になめらかで舌に載せた瞬間にふわりと溶けていってしまうよう。そして粒あんは、豆の風味が強く、食物繊維がたっぷりと残っています。甘納豆も、餡が入ったお菓子もぜぴお試しあれ。

住所:新潟県新発田市中田町3-1297-1

【酒田屋】半熟カステラを食べれるのはここだけ!

酒田屋は城下町村上市で最も歴史のある老舗和菓子屋です。創業は1793年(寛政5年)。長い年月で伝統の和菓子づくりの技術を積み重ねてきました。酒田屋の和菓子は、地元村上に根付いたオリジナルの商品が多いことも特徴のひとつです。例えば、村上舞鶴城の天守閣及び城主の居館に取り付けてあったと伝えられる鬼瓦を模した焼き菓子である「天守(てんしゅ)」、村上総鎮守「お羽黒様」のお祭りで、町を巡行する「おしゃぎり」を月餅で表現した「しゃぎり」など、美味しい和菓子の中に地元を感じることが出来ます。これも老舗店ならではの楽しみですね。

そんな中、最も人気商品は「新潟半熟カステラ」という、現在のカステラの元となったお菓子です。外側はしっとりとしていながら、中身はトロ~っと絶妙な食感が人気の秘密。中央なぽっこりと凹んでいるユニークな見た目が特徴で、新潟県産こしひかりを使用していることで滑らかな舌触りを実現しています。ネットでも購入することが出来るので、酒田屋だけの絶品半熟カステラをぜひお試しください。

住所:新潟県村上市安良町3番8号

和菓子の宝庫、新潟

豊かな食の宝庫である新潟県ですが、実は和菓子の宝庫でもあったことを知っていただけましたでしょうか。今回ご紹介しきれなかった名店もたくさんありますので、新潟にお越しの際はぜひ色々な和菓子を探してみてくださいね。