厄払いの和菓子「水無月」

三角形の白い外郎が特徴的な「水無月」。その名の通り、初夏、夏の和菓子です。古くから京都を中心に、夏、それも6月30日に食べることで夏の暑さを乗り切り、厄払い、厄除けができる縁起の良い和菓子と言い伝えられてきました。そんな「水無月」ですが、なぜ「水無月」という名前であるか、その由来をご存じですか?今回は「水無月」の由来についてご紹介します。

6月を代表する和菓子

京都では古くから、1年のちょうど中間地点に当たる6月30日に、半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事である「夏越祓」(なごしのはらえ)または「水無月祓」(みなづきばらえ)が行われます。その昔、室町時代のこの神事では、旧暦の6月1日に氷を口にすると夏バテしないと言い伝えられていたことから、宮中では氷の節句の行事として、京都府衣笠山の氷室から氷を取り寄せて暑気払いをしていました。しかし、当時氷は今のように身近にあるものではなく、庶民では到底手に入れられない貴重なものでありました。そのため、庶民は氷の形に似せて作った和菓子を食べ、夏の暑さを乗り切ろうとしました。その和菓子が「水無月」なのです。つまり、水無月最大の特徴でもある三角形は氷の形を表しており、上にぎっしりと乗っている小豆には悪魔払いの意味が込められています。

このように、「水無月」という和菓子は毎年6月に行われる神事にちなんだ和菓子だったのでした。つまり、6月の月名である水無月が和菓子の「水無月」の元というなのです。

なぜ6月の月名は「水無月」?

ではそもそもなぜ旧暦の6月のことを月名で「水無月」というのでしょうか。6月といえば、梅雨。雨が多い月です。それなのに、水が無い月だなんてまったく正反対の意味じゃないか、と思うことでしょう。

実は、当時の用法で「無」は、神無月の「無」と同じく、「~の」という意味を持っていたのです。文法用語だと連体助詞「な」にあたり、「水の月」というのが正しい解釈になります。そして旧暦の6月は、田んぼに水を引く月であったため、そこから「水の月」という名前が付けられたと言われています。つまり、旧暦の6月は現代のように梅雨にあたる季節ではなかったため、雨の水という意味ではないのです。田んぼに水を張る季節、初夏の軽く澄んだ青空が思い浮かばれます。

6月の和菓子「水無月」

もちもちした食感と上品に広がる小豆が美味しい和菓子、水無月。その名前の通り、季節に根付いた和菓子であることをお分かりいただけたでしょうか。1年でたった1日だけ食べる日にちまで決まっているなんて、その貴重さが心を踊らせてくれます。ぜひ6月になったら水無月のことを思い出し、30日には必ず召し上がってくださいね。