「水無月」は夏の厄払い

三角形の白い外郎に小豆をぎっしりと乗せた和菓子、水無月。もちもちした食感と小豆の上品な甘さがポイントです。さて、そんな水無月ですが、京都を中心に、夏に食べることで1年の厄払いが出来ると言われていることをご存じですか?

室町時代から年に2度、6月と12月の大晦日に大祓(おおはらえ)という、半年の間で身に積もった罪や穢れを祓い清める神事が行われていました。そのうち夏の神事は「夏越の祓(なごしのはらえ)」または「水無月祓(みなづきばらえ)」とよばれ、現在も神事が各地の神社で行なわれます。

室町時代の「夏越の祓(なごしのはらえ)」または「水無月祓(みなづきばらえ)」は、旧暦の6月1日に氷を口にすると夏バテしないと言い伝えられていたことから、宮中では氷の節句の行事として、京都府衣笠山の氷室から氷を取り寄せて暑気払いをしていました。しかし、当時氷というものは庶民が手に入れられない貴重なものであったため、氷を模して作った和菓子を食べ、夏の暑さを乗り切ろうとしました。その和菓子が「水無月」なのです。そのため、水無月の特徴である三角形は氷の欠片を表現していて、上に乗っている黒々した小豆には悪魔払いの意味が込められています。

現在は6月30日に水無月を食べることで夏の暑さを乗り切り、厄払い、厄除けができる縁起の良い和菓子として、京都を中心に伝わり続けています。

なぜ6月30日?

旧暦の頃は6月1日が1年の中間点にあたりましたが、現在が6月30日がちょうど1年の中間点となります。そのため、現在は6月30日に水無月を食べて、残り1年の無病息災を祈るのです。

水無月の本場、京都の名店

京都を中心に6月30日に食べられている水無月ですが、やはり京都には水無月の名店がたくさんあります。その中でいくつかの有名店をご紹介します。

【亀屋良長 本店】

亀屋良長の水無月は、歯ごたえが強く、腰が強いもちもちとした外郎が特徴です。上に乗っている大豆は、とろりと溶ける位の固さで仕上げてあるところがポイントです。さらに、味は通常の白と抹茶味があります。抹茶は、お茶葉の苦味と香りがしっかりと感じられるのが人気の秘訣です。

住所:京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19

【長久堂 北山店】

味はなんと、白、抹茶、黒糖の三種類。抹茶は、しっかりと外郎に染み込んだ濃い緑色が食欲をそそります。また味も抹茶のしっかりした苦味があり、その苦味が外郎の甘味を上品に引き立てていることもポイントです。

住所:京都市北区上賀茂畔勝町97-3

京都でなくても、夏には水無月を

季節を感じながら、無病息災を祈って和菓子をいただく。洋菓子にはない、日本人らしい風流がこもった素晴らしい習慣が、水無月にはあります。京都にお住まいでなくても、6月30日にはぜひ水無月のことを思い出し、和菓子屋さんに行ってみてはいかがでしょうか。忘れてしまいがちな日本人の心を、思い出せること間違いありません。