地方の極上和菓子を手土産に

仕事で本社に出張の際、何を手土産に持って行こうか悩んだことはありませんか。折角だから地方色豊かな、喜んでもらえるような和菓子を選びたいものです。そうは言っても、出来ればお洒落な和菓子の方が良いと思うのが、本音ではないでしょうか。センスの光る上品な和菓子は誰にでも喜ばれるものです。また、出張接待の手土産に何を用意したらいいか困った時にも、お勧めしたい地方の和菓子をご紹介します。

北海道の和菓子の手土産

【創作豆池田食品】

豆彩華(まめさいか)12種

北海道札幌市にある『創作豆池田食品』は、昭和23年から操業の創作豆を中心とした和菓子屋店です。北海道産の良質な大豆などを使用し、様々な新感覚の豆菓子を作っています。小袋包装なので、職場で分けて頂くにも最適です。甘い物が苦手な方にも、豆菓子なら問題なく召し上がって頂けるでしょう。持って歩くにも豆菓子は軽いので、その点もポイントが高いと言えます。パッケージや包装紙、専用の紙袋もお洒落です。

東北地方の和菓子の手土産

【おきな屋】

薄紅(うすくれない)

青森県にある『おきな屋』は、大正7年創業の和菓子店です。林檎の産地青森らしい商品が多い中、特に人気なのが「薄紅(うすくれない)」です。林檎の品種「紅玉」を輪切りにして、砂糖で煮て乾燥させた和菓子です。見た目もそのまま林檎の形で、とても上品な和菓子になります。昭和59年には全国菓子大博覧会で厚生大臣賞を受賞しています。

【くら吉】

生あんもろこし

みちのくの小京都と言われる秋田角館にある和菓子店『くら吉』。本店は蔵造の趣きある建物になります。小豆を原料とした打ち物で、秋田の伝統菓子もろこしがあります。通常のもろこしはポリポリと歯応えがあるのが特徴ですが、『くら吉』のもろこしは、ふんわり柔らかな食感です。通常の餡タイプの他に西明寺栗や甘酒入りなど、新感覚なのが特徴です。

【ひろせ】

胡桃ゆべし(くるみゆべし)

宮城県仙台市にある老舗和菓子店『ひろせ』は、創業明治42年という歴史ある和菓子店です。仙台名物「ずんだ餅」なども扱っていますが、胡桃を入れたゆべしは宮城らしい和菓子です。モチモチとした中に、胡桃の香ばしさが閉じ込められている餅菓子です。

【山見の里菓子司丸中】

東雲(しののめ)

岩手県にある山見の里菓子司丸中は、昭和18年創業の和菓子店です。この和菓子店の看板商品が「東雲(しののめ)」です。米粉と小麦粉の生地に、シロップと胡桃・ゴマを加えて練った素朴な和菓子です。不思議な食感ですが、食べていると病みつきになります。和紙に包まれた個別包装で、「東雲」の文字が印刷されています。

【本家長門屋】

香木実(かぐのきのみ)

福島県北会津にある『本家長門屋』は、1848年創業の歴史ある和菓子店です。古くから地域に愛され続けている和菓子店で、会津駄菓子なども有名です。「香木実」は会津産の鬼クルミを餡で包んで、表面に黒糖をまぶしている上品な和菓子です。あの2016年伊勢志摩サミット・G7にも用命された和菓子になります。ひと口サイズでお茶請けにもピッタリ。1つ1つが和紙に包まれており、パッケージは木箱という拘りようです。改まった手土産には持って来いの和菓子です。

【木村屋】

古鏡(こきょう)

山形県鶴岡市に本店がある木村屋は、明治20年創業の歴史ある和菓子店です。鶴岡市は庄内藩の城下町だったこともあり、歴史や文化を和菓子にも取り入れています。厳選した餡の中に求肥が入っている和菓子です。甘さを控えた上品な味が特徴です。「古鏡」は第15回 全国菓子大博覧会で名誉金賞を受賞しています。『木村屋』では季節ごとに包装紙が変わり、4種類あります。