和菓子の饅頭(まんじゅう)の歴史

和菓子の定番中の定番なのが、饅頭(まんじゅう)です。そんな饅頭(まんじゅう)の起源は、2つの説があります。1つは遡ること貞和5年(1349年)。京都の建仁寺の禅僧が、中国の元から来た林浄因により伝えられたという説です。中国の点心だったため、肉食を嫌う禅僧は小豆餡を入れたといいます。これが薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)の始まりのようです。林浄因は現在の和菓子店『塩瀬総本家』の始祖に当たります。もう1つの説は、仁治2年(1241年)に中国の宋から帰国した聖一国師(しょういちこくし)が、福岡の茶店の主人に饅頭(まんじゅう)の作り方を教えました。酒麹で作る酒饅頭(さけまんじゅう)だったそうです。当初中国では饅頭(まんじゅう)のことを「まんとう」と呼んでおり、日本に入ってからは初め饅頭の「頭」を訓読みして「まんず」と呼んでいました。それが転じて現在の「まんじゅう」になりました。

和菓子の饅頭(まんじゅう)の語源説

饅頭(まんじゅう)は、三国志で有名な諸葛孔明が作り出したと言われています。西暦225年に、孔明が瀘水(ろすい)という河にさしかかった時に、荒れ狂っていて渡れなかったと言います。河には荒神がいて、鎮めるには49人の首を捧げる必要がありました。そこで孔明は小麦粉を練って、人の頭に見立て中に牛や馬の肉を入れたと言います。それを供えたところ、氾濫は鎮まりました。当初は蛮族の頭を意味する「蛮頭」(ばんとう)と呼んでいましたが、それが「饅頭」(まんとう)となったようです。元々が人の頭を象ったと知ると、あまり良い気分のするものではありませんね。

和菓子店『塩瀬総本家』の饅頭(まんじゅう)

饅頭(まんじゅう)の元祖として知られる、東京に本店を構えるのが『塩瀬総本家』です。『塩瀬総本家』の歴史は、饅頭(まんじゅう)の歴史と思っても良い程です。『塩瀬総本家』の始祖・林淨因は、肉の代わりに小豆を煮つめて中に入れ、ふわふわした柔らかさが大評判になりました。遂には後村上天皇に献上するまでになったといいます。天皇に目を掛けてもらった林淨因は、宮女を賜ります。林淨因は婚礼の際紅白饅頭を皆に贈り、子孫繁栄を願い石の下にも埋めたということです。その場所が現在も「饅頭塚」として残っています。その後、林淨因の子孫が中国で宮廷菓子を学び、山芋を入れる「薯蕷饅頭」を習得しました。天正3年(1575年)の長篠の戦いの際、家康に塩瀬の七代目林宗二が、勝利を祈願し大納言の「本饅頭」を献上したそうです。家康は「本饅頭」を兜に盛って軍神に供えたそうです。それから、本饅頭を「兜饅頭」と言うようになりました。『塩瀬総本家』は、明治からは宮内省の御用を勤めます。現在『塩瀬総本家』の小豆は、北海道音更町で「エリモショウズ」や「きたのおとめ」を2000ha作付けしているそうです。饅頭(まんじゅう)の命とも言える小豆に、とことん拘りを持っているからです。『塩瀬総本家』の饅頭(まんじゅう)は機械は使用せず全て手作りです。吟味した国内産の大和イモを入れた皮で、丁寧に餡を包み込んで蒸し仕上げています。歴史のある『塩瀬総本家』の薯蕷饅頭は、ふわふわ柔らかい昔ながらの饅頭(まんじゅう)です。