和菓子としての最中の歴史

餅粉をこねて薄く伸ばし焼いた干菓子に、餡を挟んだ和菓子が江戸時代に考案されたと言います。吉原にあった煎餅屋の竹村伊勢で売り出され、これが最中の始まりでした。最中という名前は、源順の詠んだ「池の面に照る月なみを数ふれば今宵ぞ秋のもなかなりける」の歌から、「最中の月」という名前になったという由来があります。その後、円形以外の形の最中が出回ったことから、「最中」と言われるようなったそうです。明治になり、金型技術の発達で特殊な模様なども造れるようになりました。菊型や文字なども容易に作れ、美しい和菓子の造形が出来上がりました。

全国各地に広まる和菓子の最中

最中はその後、贈答品として広く全国に普及していきます。地方色豊かな最中が作られるようになり、餡の種類も個性的になっていきます。また、土産品としても売られるようになりました。形もこれまでの円形や四角から、ひょうたん型や貝型、花形や動物型など地域や特産品に密着したものが作られるようになります。また、初めから皮で餡を挟んでいる最中が一般的でしたが、近年は皮と餡が別々になっていて、食べる際に餡を自分で挟むスタイルが多くなってきました。皮のパリパリ感に拘り、誕生したスタイルのようです。

老舗の和菓子店の最中

古き時代から人々に親しまれてきた最中があります。老舗と言われる和菓子店の最中は、受け継がれる人気の秘密があるからでしょう。

・『空也(くうや)』

東京銀座にある空也。空也の最中と言ったら知らない人がいないほど。今や予約なしには購入出来ません。夏目漱石の「吾輩は猫である」の一節にも登場します。上品な甘さが後を引く最中です。

・『仙太郎(せんたろう)』

仙太郎の「ご存じ最中」は、ボリュームたっぷりの餡が特徴です。丹波小豆を使ったふっくら艶やかな餡がはみ出しています。皮と餡が別々になっているタイプの「お好きに召しませご存じ最中」もあります。

・『小さぎ(こさぎ)』

東京吉祥寺にある和菓子店小さぎの最中は、ひと口サイズで価格もリーズナブルです。お店前にはいつも行列ができています。小豆餡と白餡の2種類があります。丁寧に作られた餡は甘すぎず、ついもう1つと尾を引く美味しさです。

・『不朽園(ふきゅうえん)』

名古屋尾頭橋の不朽園は特に菊最中が有名ですが、特定日には献上最中も販売されます。北海道産の小豆を使った餡と皮のバランスが絶妙です。パリッと感のある皮が特徴的です。

・『新正堂(しんしょうどう)』

東京新橋にある新正堂は、面白いネーミングの和菓子でも知られています。その名も「切腹最中」は忠臣蔵から命名されました。たっぷりの餡には求肥も入っており、甘さ控えめのさっぱりした味です。

和菓子以外の最中の活用

最中の皮は多方面に活用されています。ご存知「最中アイス」もその1つで、アイスクリームを包むのに保存性に適しています。最中の皮の中にお汁粉やお茶漬け、お吸い物の元が入っていて、お湯を注ぐことによって即席の汁などが完成するものもあります。片面だけをタルト生地の代用に使い、アーモンドやナッツ類をのせて、新感覚の洋菓子として販売されるなど、新しい最中の利用法も開発されています。