和菓子の歴史・和菓子とは

古代は日本に自生していた栗や柿を「果子」として食べていました。砂糖のない時代でしたので、果物の甘味を特別な物として間食に食べていたそうです。現在で言うおやつのようなものでしょうか。その後、日本人は工夫をするようになります。木の実を食べるにもアクが強過ぎたので、天日干ししたり、石臼などで粉砕して水にさらしアク抜きをしていました。その粉を団子状にして、火を通したのが団子の始まりと言われています。縄文時代の終わり頃には、既に日本に稲作が伝わっており、非常に大切なお米ではありましたが、餅も作られるようになりました。しかし庶民の口に入る物ではなく、神聖なものと扱われていました。先人の知恵によって、和菓子の基本となる団子や餅の原型が作られていたようです。

砂糖の伝来で和菓子が発展、日本の和菓子とは

その後、遣唐使により唐菓子(からくだもの)が日本に伝えられます。この唐菓子は、今後の日本の和菓子に影響を与えることになりました。小豆や米、大豆などを練ったり油で揚げて、形成するのが特徴でした。この頃から日本に砂糖が輸入されるようになりました。更に茶の湯の流行が和菓子の大きな発展に繋がったと言います。南蛮菓子の渡来も、和菓子に影響を与えています。金平糖(こんぺいとう)や有平糖(ありへいとう)は現在も和菓子として知られていますね。江戸時代の中期までは和菓子の中心は京都でした。短歌などと結び付けた鮮やかで風流な和菓子が特徴でした。政治の中心が江戸に移ると、和菓子が飛躍的に発展しました。それまでの雅な和菓子とは違った、庶民的なものでした。饅頭(まんじゅう)や煎餅などは、この頃誕生しました。和菓子が大きく発展した背景には、国内でのサトウキビ栽培が本格化して、砂糖の流通が増加した理由があります。京菓子と江戸の上菓子が競い合ったのもこの頃でした。明治以降に西洋文化が入って来て、洋菓子が伝えられ現代へと繋がっていきます。

和菓子の語源と日本の和菓子とは

「和菓子」という言葉は、「洋菓子」に対してついた言葉で、それぞれを区別していました。この和菓子の「和」は、古くは中国や朝鮮が日本を「倭」と呼んでいたことからです。その後、元明天皇の頃に、国名は二字となり、「倭」と同音の「和」に「大」をつけて「大和」となりました。それが国号「日本」の前進です。現在は「和」は日本を表す言葉として使われています。

和菓子は大きく分類して生菓子、半生菓子、干菓子の3つに分けられます。実はその分類基準が非常に難しいと言われています。生菓子は水分量が30%以上で、干菓子は水分量が10%以下。その間が半生菓子になりますが、いずれも線引きが少々困難です。和菓子の材料として一番多く使用されるのは、豆類です。豆類といえば小豆。和菓子の餡に欠かせない材料になります。小豆は大豆と区別するために名前が付いたと言われています。古くから赤い色が魔を祓うといい、お祝いの席にお赤飯を炊くのも、げんを担ぐことからです。白餡の材料には、いんげん豆、大福豆、ふくしろ豆などがあります。そして、穀物も和菓子の材料としては忘れてはなりません。うるち米ともち米、小麦がベーズになり、製造方法の違いで性質の異なった材料を作り出しています。日本人の知恵といえるでしょう。日本の和菓子は五感の芸術といいます。四季を表現する和菓子は日本ならではの風情で、作り上げる和菓子職人の技が活かされています。和菓子とは、日本人の心といえるでしょう。