和菓子の吹き寄せとは

吹き寄せは、小さな様々な干菓子を集めたものを言い、まるで風に吹き寄せられたという意味合いがあります。元々は落ち葉の風情を象った秋の和菓子でしたが、現在は1年中進物にも人気の和菓子です。和菓子店により、中身の組み合わせも違っていますが、煎餅や和三盆、あられや有平糖、落雁など、バラエティーに富んだ和菓子なのが特徴です。箱を開けた途端に笑みがこぼれる商品で、色々な種類の和菓子が入っていることから、誰にでも好まれるでしょう。結婚式の引き出物やお土産にも喜ばれる和菓子です。

和菓子の吹き寄せお勧め店

和菓子の中でも、特に吹き寄せが有名な和菓子店をご紹介します。

・『菊廼舎』(東京)

明治23年創業の和菓子店『菊廼舎』は、歌舞伎座のそばに開業しました。茶会の干菓子をヒントに、吹き寄せを考案したのが『菊廼舎』の2代目でした。『菊廼舎』の吹き寄せは、金平糖や豆菓子を含む30種類。定番の赤い丸い缶は、着物や帯にも描かれている、福徳を招く吉祥文様が施されています。宝尽くしの文様は縁起が良く、お目出たい席にもピッタリです。干支の煎餅が入った「開運干支缶」や、ピンクとブルーの和三盆が入った可愛い「縁結び缶」があります。富士山の和三盆がトレードマークの特選缶「JAPAN」は、海外の方に喜ばれそうです。東京オリンピックの際にも人気になりそうですね。その他にも季節の行事に合わせた「すこやかに」(七五三)、「聖夜」、「月想い」、「秋色缶」、「夏色缶」などラインナップが豊富です。内祝いギフトには名入れが出来る「ありがとうギフト」があります。その他にも、店舗限定品のお土産向け吹き寄せ「江戸みやげ」や「ハート日和」があります。

・『伊勢源六たちばなや』(京都)

『伊勢源六たちばなや』は宝永5年に創業を開始した老舗の和菓子店です。『伊勢源六たちばなや』の吹き寄せの特徴は色鮮やかなことです。細工菓子や煎餅、干菓子などが詰まった、京菓子らしい上品さが漂う和菓子です。

・『小倉山荘』(京都)

『小倉山荘』は創業1954年の京都の和菓子店で、煎餅やおかきを中心とした店です。そんな煎餅一筋の『小倉山荘』が作る吹き寄せも、もちろん煎餅とあられです。「京のふき寄せ恋しかるらむ」には、数十種類の煎餅やあられが入っています。個包装になっているので、食べやすい和菓子になります。豆菓子や揚げ煎餅、木の葉やレンコン、青紅葉など、創作吹き寄せがぎっしり詰まった1袋。雅な京煎餅です。

和菓子以外のこんな吹き寄せ

京都の『半兵衛麩』は元禄2年創業の麩専門店です。麩は京都の寺院などで誕生した、日本の伝統食材です。ヘルシーな食材として現在も人気があります。『半兵衛麩』には「ふきよせ四季」という商品があります。まるで百人一首のような美しい箱に、イチョウやモミジなどを象った、彩り鮮やかな吹き寄せの麩が入っています。この麩は揚げ物専用の麩で、油で揚げると揚げ煎餅のようになります。食べてしまうのが勿体ないような美しい麩です。お酒のおつまみにも良いそうで、こんなお酒の肴だと、上品な晩酌になりそうですね。

和菓子以外にも、秋の風情を映した様々な吹き寄せがあるようです。