和菓子と深い関係・ひな祭りの由来

ひな祭りは女の子の節句で、健やかな成長を願いお祝いをする行事です。その起源は室町時代で、1月7日の「人日(七草がゆ)」、3月3日の「上巳(桃の節句)」、5月5日の「端午(菖蒲の節句)」、7月7日の「七夕(星祭)」、9月9日の「重陽(菊の節句)」の「5節句」があり、健康長寿や厄除けを願っていました。元々「5節句」は中国から伝来されたと言います。。古くから日本では流し雛の習慣がありましたが、それが室町時代には飾るひな人形に変化していきました。江戸時代になり、桃の節句が女の子の節句に定められました。人形作りの技術も発達してひな人形も豪華になり、上流階級では嫁入り道具の1つになっていきます。ひな人形も年々時代と共に進化していき、段飾りも増えて現代へとつながっています。

ひな祭りの食べ物と和菓子

ひな祭りの食べ物や和菓子にも、それぞれ由来があります。ちらし寿司は、古くから桃の節句にお寿司の起源である「なれ寿司」を食べており、それが時代を経て現在のようなちらし寿司になったといいます。また蛤のお吸い物は、平安時代の遊びで「貝合わせ」というものがありました。そこから、夫婦が仲睦まじくありますようにと願い、婚礼の調度品としても使われたといいます。その後は女の子が素敵な結婚相手と巡り会い、一生1人の人と添い遂げますようにという意味合いで、願いを込め食べられるようになりました。菱餅は、「上巳の節句」と共に中国から伝わった風習でした。白・緑・赤の3色の餅が重ねられていて、今のような菱形になったのは江戸時代からと言います。雛あられは、和菓子で言う掛け菓子になります。「雛の国見せ」といって、野山や川縁にひな人形を持ち出して、景色を見せてあげる習わしがありました。その際に食べていたのが雛あられでした。元々は菱餅を砕いて油で揚げたものと言われています。ちょっと面白いのが、雛あられは関東と関西では全く違うものになります。関東ではポン菓子で作った掛け菓子になりますが、関西では餅を揚げて作り、関東のものより粒も大きくなります。同じ和菓子の干菓子であることには変わりないですが、全く性質の違う雛あられで驚きますね。雛あられは、ひな祭りらしい可愛い和菓子です。

老舗和菓子店のひな祭りの和菓子

室町時代から続く、老舗の和菓子店『虎屋』の「雛井籠(ひなせいろう)」があります。ひな祭り向けの商品になりますが、この「雛井籠」が素晴らしいです。重箱に入った美しい和菓子で、この重箱は『虎屋』がかつて御用先に和菓子を持ち運びしていた井籠(虎屋でそう呼んでいたそう)を復元したもの。当時のそのままのイメージです。和菓子も『虎屋』が古くから作り続けている、ひな祭り用の和菓子になります。重箱には少し小ぶりの和菓子3種類が、9つ入っています。ひと口サイズなので、小さなお子様にも丁度良い大きさです。和菓子の種類は、1つ目が桃を象った練り切りで、菓子銘は「仙寿(せんじゅ)」です。ピンクの可愛らしい桃になります。2つ目は白餡をピンクの求肥で包み、その上にカリカリとした白い砂糖の粒をまぶしています。形は丸く、菓子銘が「桃の里」です。故事では桃は長寿をもたらすと言われています。そんなことからも、桃の和菓子は女の子の健やかな成長を願っていることがわかりますね。最後の3つ目は、白餡の入っている道明寺で、菓子銘は「雛てまり」です。この「雛井籠」は最大5段重ねまで注文ができ、薯蕷饅頭に赤い点を描いた「笑顔饅」や、紅白のスズメを象った干菓子「脹雀」を重ねることが可能です。この和菓子があるだけで、豪華なひな祭りになりそうですね。