昔からお祝いに食べられたりお供えとして使われたりと日本人には欠かせないお餅。 出産、人生の門出、お祝いなど人生の節目にお餅と日本人にはとても深い関係があります。 お正月に食べるお雑煮以外にもひな祭りのひし餅、端午の節句のかしわ餅など季節を感じられるお餅もあります。今回は日本人とかかわりが深いお餅についてご紹介します。

昔はお餅は貴重品

いまでこそ毎日白いごはんを食べ、お餅も好きな時に食べることができる時代ですが、昔は白いお米や餅はとても貴重なものでした。

皇族や貴族の間では平安時代から四季のお祝いの折に餅が食べられていたと言いますが一般市民にはまだまだ貴重品。庶民が餅を食べられるようになったのは稲作などが広まったきた江戸時代中期ころからといわれています。

お正月にお餅を食べる理由

毎年お正月には焼いたお餅にきな粉やあんを付けて食べたり、お雑煮に入れるのに欠かせない餅。お正月を迎えるのに年末に餅をつく風習はいまでも残っていますね。

諸説ありますが、昔の人はお正月にいつも食べられないものを食べる風習がありました。先に説明したとおり、お餅は貴重品。お正月のような特別な日は、お餅を食べて祝おうということだったようです。

お供えに使う鏡餅

お正月にお供えする鏡餅。食べるお餅は四角いのに、お供えするものが丸いのはなぜでしょうか。鏡もちがどっしりと安定して丸い形をしているのは、角がなく、人と人とのお付き合いが円滑にいくようにという願いが込められていると言われています。

また、そのお供え餅を食べる日は1月11日の鏡開きの日ですがこのときに刃物で餅を切るのは厳禁。刃物で断ち切るのは縁起が悪いとされるので木槌などで叩いて割ることが多いようです。もっとも、しばらく飾って置いた餅は固くて包丁では切ることができないので叩いて割る方が効率的で安全ですね。

お正月のお餅をつくのにベストな日

お正月に使うお餅は年越し準備としてどこの家庭でも年末に行われます。大掃除や買い物など忙しい年末ですが、お正月用のお餅をつくのにベストな日があるのをご存知でしょうか。12月29日は「九」が付くので「苦持ち」「九餅」ということで餅つきが避けられてきました。

また、31日の大みそかについた餅は「一夜餅」といって二段重ねた餅が固まらず不安定なことなどから縁起が悪いと考えられ、以上のことからお正月のお餅を準備するのは30日がベストな日なのではないでしょうか。

お餅のアレンジレシピ

お正月にはきな粉やあんこ、お雑煮でたっぷり食べたお餅も余ったらアレンジして楽しんでみましょう。あんなに食べたお餅も味が変わってまたおいしく食べられますよ。

例えばお餅ピザ。切り餅をフライパンにすきまなく並べて蓋をして弱火にかけます。餅が溶けて柔らかくなったらトマトケチャップ、ピーマン、スライス玉ねぎ、ハムなど好みの具を乗せてとろけるチーズを乗せます。チーズが溶けたら完成です。餅のカリッとした食感ととろりと溶けたチーズが相性抜群です。

固くなってしまったお餅は油で揚げてあんかけにするとおいしく食べることができます。中華あんや和風あん、ケチャップを使ったあんなどアレンジを楽しみましょう。