水ようかんの作り方

材料は粉末かんてん4g、水2カップ、こしあん200g、塩ひとつまみです。お好みで栗の甘露煮2個、ぜんざい(市販)少々を用意するとさらにおいしくいただくことができます。始めに鍋に水と寒天を入れて火にかけます。そして、混ぜあわせます。沸騰したら吹きこぼれない程度に火を弱め2分程度沸騰させます。火を止め、こしあんと塩を加えて、泡だて器でよく混ぜます。その後ボウルなどに移し、底を冷水につけ、時々泡だて器でかき混ぜながら少しとろみが出るくらいまで粗熱をとります。器にうつして冷蔵庫に1時間から2時間の間冷やして固めます。トッピングはお好みですが基本的にトッピングを加えたほうが美味しく食べることができます。

白玉の花

材料は白玉150g、水120g、粒あん大さじ1杯、抹茶ミルク小さじ1杯です(2人分)。始めに白玉粉をボウルに入れます。水を少しずつ入れ耳たぶくらいの柔らかさになるまで混ぜます。その後、食べやすい大きさに丸め、真ん中をへこませます。沸騰させたお湯を入れた鍋に丸めた白玉を入れます。白玉が上に上がってきたら1、2分茹でます。その後冷水で冷やします。おさらに粒あんを丸く置き、周りに白玉を綺麗に並べます。抹茶ミルクをあんの真ん中に置いて完成です。

利休饅頭・黒糖饅頭

ここでは素朴な味を堪能できる饅頭を紹介します。材料は薄力粉60g、ベーキングパウダー2g、黒糖30g、水20ml、餡子160gで8個分できます。はじめにボウルに水と黒砂糖を入れます。その後ボウルを電子レンジで熱します。600wで1分間熱します。スプーンで混ぜて黒砂糖を溶かして黒砂糖を溶かして黒砂糖のシロップをつくります。薄力粉・ベーキングパウダーをボールの中に入れます。黒砂糖シロップを粉類の入ったボールに入れます。その時、黒砂糖の溶け残りを作らないようにします。ゴムベラで均一になるようにしっかり混ぜます。まとまったら乾燥を防ぐために表面をラップで覆います。その後10分間放置します。そのままラップで茶巾絞りをして丸めます。餡が八個になるように作ります。その後生地を用意します。拳で丸めておき、生地が手にくっつくようだったら手粉(薄力粉)を付けながら作業します。手の上に乗せて上から押さえて丸くします。生地の上に餡子を乗せます。この先記事を切らないように餡子を潰さないように丸めて行きます。8個丸めることができたら湯気が立った蒸し器にキッチングペーパーを敷いて、その上に感覚を開けて載せます。その後4分蒸し十分膨らませます。その後弱火にしてさらに4分間むします。その後乾燥を防ぐためにラップで覆います。完成です。

だし醤油でみたらし団子を作る

二人分のみたらし団子の材料は団子の粉50g、水40ml、だし醤油大さじ1杯、砂糖大さじ1杯、水大さじ2杯、片栗粉小さじ1杯です。最初に醤油・砂糖・水・片栗粉を煮詰めとろみがつくまで混ぜます。団子の粉に水を少しずつ入れながら耳たぶの大きさになるまで丸めます。その後茹でて冷水に取り、水気を切ります。そしてフライパンを熱して両面に焼き色をつけましょう。完成です。あとはお好みのお皿に盛り付けましょう。