飴と言えばお菓子の中でも有名で老若男女から人気のあるものですが、これは和菓子に分類されるもので実に多くの種類があります。この記事では和菓子と呼ばれる飴の種類をご紹介いたします。スーパーなどで一個一個包装されている飴が一番多くの人に食べられていると思いますが、実は身の回りの行事でもよく考えてみると飴は非常に多くの場で使われています。
例えば、金太郎飴と呼ばれるものから七五三で食べられる千歳飴などは、一度は食べたことがあるのではないでしょうか。
飴と言えば、一般的には固いために舐めて溶かしながら食べるお菓子の事を指しますが、実は柔らかい飴もあるのです。
これはチューイングキャンディーなどではなくれっきとした和菓子で「翁飴」や「求肥飴」などが挙げられます。
翁飴は水あめと砂糖に寒天を加え作られた粘りとこしが強い雨で、求肥飴は白玉粉を使い練り固められた飴で白い半透明が特徴的な弾力のある飴です。
意外といつも口にしている飴以外にも多くの種類があったのですね。

翁飴の作り方

通常のべっこう飴の作り方は非常に簡単で、一度覚えてしまえばすぐに作れてしまいますので今回は少し変わった翁飴の作り方をご紹介します。
【材料】
・粉寒天5g
・グラニュー糖100g
・水あめ40g
・水1カップ
・みじん粉少々

まず、水と粉寒天を鍋に入れ加熱します。粉寒天がしっかり溶けてきたら、グラニュー糖も加えて混ぜ、それも溶けたら次は水あめもいれてしっかり混ぜましょう。
しばらく混ぜたらとろみがつくはずですので、少し色がついてきたら火を止めて粗熱がなくなるまで混ぜます。
だいたい冷めたらラップを敷いた耐熱容器に流し込み、しっかり冷やして固めます。固まったらラップごと容器から取り出し、お好みの大きさに切り分けてからはけでみじん粉(グラニュー糖などでもOK)をまぶして出来上がりとなります。
上記でも少しご紹介いたしましたが、翁飴は飴と言っても柔らかい和風のゼリーで皆様が思っている飴とは異なるかもしれません。上品な甘さがあり、カロリーも低くヘルシーな和菓子です。
寒天飴という翁飴によく似た製法のものもありますが、こちらは果実を加えてフルーティーにしたものや、のどに優しい成分などを入れた体に優しいゼリーなども作られています。

翁飴の由来

翁というのは実は老人の意味ではなく、白髪昆布や白みそを使った料理によく付けられる名前なのです。由来としては白髪頭のおじいちゃんから来ているのでしょうか。
この翁飴のほかにも、白みそにつけた魚を翁漬けと呼んだり、おひたしにとろろ昆布をかけた翁和えなどとして使われています。
翁飴は原料に水あめを使うため、米どころである新潟などの東北方面で有名な和菓子なのです。
翁飴という名を知らなかった方も多いのではないでしょうか。作り方は難しいものではなく、材料さえあれば料理初心者の方でも作ることが出来るので是非チャレンジしてみてください。

クオカショップはお菓子作りの強い味方

日ごろ使わない材料を使うことも多い和菓子作りですが近所のスーパーで手に入るものもあれあ専門的で手に入らないこともあります。そんなときの強い味方がクオカです。材料が手軽に手に入るだけでない、お菓子を作る人にお得な情報が満載です。

材料を見て選べる実店舗

もともと通信販売から始まったクオカは都内に3店、京都と香川に1店舗ずつお店があります。実際に材料や道具などを手に取りながら選ぶことができるほか、わからないことがあればスタッフさんが丁寧に応えてくれます。
専門的な材料が多く並ぶ店内は見て回るだけでも楽しくなってしまいます。専門的な材料以外にもバターや小麦粉など日常使う食材がお得に手に入ります。クオカのお店になかなか行けない人にうれしいのが通信販売です。粉なものなどまとめて買うと重くなりがちな材料も8000円以上で送料無料サービスになります。さらに材料を直接探す以外にブランド名、作るレシピから探す方法もあるのでとても便利です。
イベントごとに検索する機能もあるので例えばひな祭りに何か作りたいな…と思ったらひな祭りのページに行けばお菓子のレシピから材料まですべてわかってしまいます。

クオカの自由が丘本店にはキッチンスタジオを併設しています。プロのパティシエや講師から実際に作り方を習うことができます。月に約150レッスン開催されていて、レッスンはキャンセル待ちになる程の人気です。
バレンタインやクリスマス、ひな祭りなどイベントにちなんだレッスンが豊富でお菓子作りになじみがなくても取り組みやすい内容になっています。
さらにうれしいのは使った材料をすぐに買って帰れることです。商品名までわかるので実際にレッスンで使ったものを自宅で復習するのにぴったりです。

豊富なオリジナルレシピ

何を作ろうか迷ったら頼りになるのがクオカオリジナルレシピです。ホームページから誰でも閲覧可能で、パン、洋菓子、和菓子からお料理まで多くのレシピが揃っています。
レシピにはそれぞれかかる時間と5段階の難易度が書かれているので取り組みやすいものを選ぶことができます。もちろん使った材料をそのまま購入することができます。

はじめてさんにうれしいオリジナルキット

お菓子は作ってみたいけど材料をそれぞれ揃えるのが手間だったり、余った材料の使い道に困ったりしますよね。そんな時にうれしいのがクオカオリジナルキットです。キットには必要な材料から型、さらにラッピング材まで入っていてあとは水など自宅にある材料を足すだけで簡単にチャレンジできるのがうれしい魅力です。
材料は必要な分が計って入っているので手間もなく、使いきれるので余った材料の使い道に困ることもありません。もちろん詳しい作り方の説明付きではじめてさんにも安心です。ひなまつりや子どもの日、バレンタインのお菓子作りにぴったりです。簡単なセットもあるのでお子さんと一緒にお菓子を作るのも楽しそうです。
まずは便利なキットを使ってお菓子作りの楽しさがわかったら本格的にチャレンジしてみるのもいいですね。

クオカなら材料だけでなくお菓子作りに必要なすべてが手に入ります。ぜひ一度訪れてみてくださいね。