秋の自然界は春や夏とは違った色を演出してくれます。秋はなんといっても紅葉がとても美しい季節です。春や夏にない赤、黄、オレンジと温かみのある暖色系の色合いが野や山を彩ってくれます。また、秋といえば食欲の秋です。冬に入る前の体をほっこり暖かくしてくれるほくほくしたさつまいも、栗は本当に美味しいものです。そんな秋の色と秋の食を詰め込んだ和菓子は食べてもよし、見てもよしの日本ならではの和菓子です。

秋の味覚「栗・さつまいも」の和菓子

秋の和菓子に欠かせない味覚といえば栗とさつまいもです。栗は土の上、木の上に出来る木の実で、さつまいもは土の中に出来る芋類です。全く別の食材ではありますが、栗の代わりにさつまいも、さつまいもの代わりに栗を使うこともできるほど、このふたつの食材は色も味もどことなく似ているのが特徴です。

「栗きんとん・いもきんとん」栗きんとんといえばおせち料理の栗きんとんと、栗茶巾と呼ばれる和菓子とありますが、秋の和菓子いえば栗茶巾の栗きんとんです。蒸たり茹でたりした栗と砂糖を混ぜただけのシンプルな和菓子です。栗とさつまいもは水分の量が違いますので、分量の加減は必要ですが、作り方の基本は同じです。さつまいもで作るいもきんとんも、さつまいもと砂糖を混ぜるだけで出来ます。

「栗ようかん・いもようかん」栗ようかんは、あんこのようかんに栗を小さく切ったものを混ぜたものですので、あんこの色の合間に栗の黄色が映えます。また、柔らかいあんこの中に少しだけ歯ごたえのある栗の食感を楽しむことができます。いもようかんは、さつまいもを蒸たり茹でたりしたものであんこの代わりにようかんを作りますので、色は全体的にさつまいもの色をしたようかんになります。

「栗蒸しパン・いも蒸しパン」蒸しパンはパンと名前がつきますが、和菓子に分類されます。蒸しパンに栗を小さく切ったものやさつまいもを小さく切ったものを混ぜたものです。最近では、家庭でホットケーキミックスを使って簡単に作ることができます。秋の季節になると、栗やさつまいもの入った蒸しパンを作ることでただの蒸しパンとは違った秋の季節を感じることができます。

見て秋を楽しむ「あんこ」の和菓子

栗やさつまいものように秋の味覚を和菓子にしたものと違い、あんこは年間を通して使われる和菓子には欠かせない食材です。あんこを使った目で見て楽しむ秋の和菓子もたくさんあります。

「お月見団子」秋といえばお月見もあります。お月見団子はおまんじゅうで一般的には白を想像しますが、白だけでなく色んな色のお月見団子もあります。夜空に浮かぶ月とお月見団子のコントラストは秋の風物詩のひとつです。

「ねりきり」ねりきりは白あんがベースとなっているので、着色や成形などの細工次第で色々な秋を作り出してくれます。お月見のうさぎをかたちどったり、最近ではハロウィンのお化けかぼちゃをイメージしたねりきりが作られることもあります。

まとめ

秋の和菓子は食べるのももちろん美味しいですが、秋には秋特有の色づかいが施される和菓子がたくさんあります。おまんじゅうひとつとってももみじの形をすれば秋の和菓子となります。家庭で和菓子を作る時も秋には秋の食材を使って和菓子を作ってみたり、見て楽しめるように少しこだわって秋を彩ってみたり、秋の和菓子を作ってみるのも素敵です。