葉で包んだ餅菓子や、串に刺した団子、形が崩れやすいものなど、頂き方に迷ってしまう菓子を中心に、美しく無駄のない和菓子の頂き方を御紹介します。

饅頭の頂き方

饅頭は菓子楊枝を使っても良いですが、使わなくても構いません。手で割って一口大にしたものを口に運ぶ方が頂きやすく、饅頭の出来の良し悪しも割った時にわかります。手で二つに割った饅頭は、その一方を懐紙に戻し、手に持った方を更に二つに割ります。四つ割にした一方を懐紙に戻し、残った一方を頂きます。四つ割のものを頂き終えたら、残りの半分も四つ割にして頂きます。今川焼きや鯛焼きなども饅頭と同様に頂きます。大きな饅頭を一人分づつ切り分けて菓子皿に盛り付けられている時は菓子楊枝を使って頂きます。

串団子の頂き方

串のついたものは原則的に串から外して頂きます。右手に菓子楊枝を持って一番先の団子に突き刺し、引き抜いて串から外します。まず一個を外して頂き、次は二つめの団子を外して順次頂いていきます。一口で頂けない場合は二つに割って頂きます。

桜餅の頂き方

桜餅などの葉で包んだ餅菓子は、基本的に下の葉を一枚残してあとの葉を剥がし、残した下の葉を皿代わりにして頂きます。頂いた後は葉を重ね、折りたためるものは折りたたみます。懐紙に挟めるものは持ち帰りますが、かさばるものは器に残します。

粽の頂き方

葉で包んだ他の菓子と同様、内側の葉を一枚残して、それを皿代わりにして頂きます。巻いてある藺草は軽く結わえておき、頂き終えたあとで葉をまとめて結びます。

最中・大福などの頂き方

あまり大きくないものは、そのまま片手でもって頂きます。菓子皿や懐紙をもう片方の手で持ち、皮や粉が下に落ちないようにします。

きんとんの頂き方

柔らかいきんとんは、懐紙にとるときは菓子楊枝をきんとんの下方にしっかり深く刺し、懐紙を際まで近づけて移して頂きます。それも難しいほど柔らかい場合は、四つ折りにした懐紙で掬うようにして移します。

上生菓子・おはぎの頂き方

添えられた菓子楊枝を使って一口大に切って刺し、口に運びます。

干菓子の頂き方

ひとつずつ摘んで口に運びます。

ぜんざい・お汁粉の頂き方

銘々に盆で供される場合、盆の上で蓋を取って盆内の右脇に置きます。両手で器を取り上げ、左手に持ちます。右手で箸(菓子楊枝)を取り、器を持った左手の指の腹にのせて持ち替えます。箸でぜんざい(汁粉)を軽く混ぜてから頂きます。頂く時は箸で少しずつ口に入れます。器に口をつけて小豆を頂いても構いません。小豆や餅を頂いたら、先を盆の縁にかけてを箸を戻し、器を両手で持って直接器に口をつけ汁を頂きます。頂き終えましたら盆に器を戻し蓋をします。四つ折りにした懐紙で箸の先をふき、懐紙の中に入れて盆内に戻します。

竹流し羊羹の頂き方

竹筒から羊羹を取り出して頂きます。筒底に小さい穴を開け、空気を入れると中身の羊羹が出しやすくなるため、通常は穴を開けた状態で供されることが多いです。穴が開いている場合は竹筒の口を下にすれば羊羹が滑り出ることが殆どですが、出ない場合は筒を持った右手を左手で下から軽く叩き、その反動で羊羹を出します。それでも出ない場合は筒底の穴から軽く息を吹き入れてみましょう。

お茶の飲み方

お茶は音を立てないよう、利き手で湯のみを持ち上げ、もう片方の手のひらで湯のみの底を支えながら飲みます。蓋付の湯のみの場合は蓋を外し、蓋の裏についた雫を湯のみに落としてから、湯のみの脇に蓋を置きます。飲み終えたら湯のみに蓋をします。