和菓子は海外でも人気のお菓子です。和菓子は洋菓子に比べて日本特有の味はもちろん見た目に徹底的にこだわった職人の技が輝くお菓子です。海外で人気のある和菓子の特徴はどんなものでしょう。そして海外で人気のある和菓子はどんなものがあるのでしょう。

海外で人気のある和菓子の特徴

海外で人気のある和菓子には特徴があります。バラや紅葉の花を巧みに表現したものや、猫やうさぎといった動物や金魚などの魚をリアルにかたちどったものが人気の和菓子の特徴のひとつです。海外ではそういった自然のものを表現した和菓子があまりないことと、機械ではなく和菓子職人が細かい作業でひとつひとつ丁寧に作られたところが日本人らしい雰囲気を感じるのかもしれません。

他には寒天を使った透明感のある和菓子が人気です。中に食べられる花が入っていたり金魚や紅葉などの練り物が入っていたりする涼を感じるお菓子は、世界でも珍しいお菓子です。食べるのがもったいないと感じる海外の人も多いようです。

そしてやはり餡子の甘すぎない甘さが海外で人気のある和菓子の特徴のひとつです。中には羊羹のような餡子独特の食感はちょっと苦手な海外の人もいるようですが、そんな人もどら焼きなどの和菓子はとても美味しいと思うことが多いようです。お刺身を食べる風習がない海外の人がお刺身を苦手を感じるのと似たようなことかもしれません。

和菓子の特徴のひとつとして、例えば桜を見ながら和菓子を食べる、庭にしんしんと降る雨を見ながら和菓子を食べる。そういった和菓子の食べ方もまた海外の人はとても風流に感じるようです。また、器などの食器にもこだわっているのは和菓子の特徴でもあり、そこも魅力的なところなのでしょう。

海外で人気の和菓子

「みたらし団子」団子は海外でも人気でDANGOと呼ばれるほどですが、串に刺した団子などある中でみたらし団子はとても人気です。みたらしのたれの甘さが人気の秘密のようです。

「せんべい」ぱりっとした食感が海外のお菓子にはあまりないうえ、塩味のするシンプルで一般的なせんべいがとくにやみつきになるようです。

「まんじゅう」まんじゅうは中に餡子が入ったものが多いですが、中がいろいろな種類があるものが人気のようです。とくに広島のもみじまんじゅうなどは中がクリームやチョコなどもあるため海外の人でも食べやすいようです。

「たい焼き」鯛の形をしたお菓子ということで見た目もかわいいと人気の和菓子です。外はぱりっと中はもちっとした食感も人気の理由のひとつです。こちらも中が餡子だけでなくクリームを使ったものがあるので海外の人にも食べやすいようです。

全体的に同じ和菓子でも色んな味が楽しめる和菓子が人気な印象を受けます。

その他にも京都の和菓子の老舗である鶴屋吉信では、お店のカウンターでお寿司のように和菓子職人が目の前で和菓子を作ってくれるものもあります。きんとんという季節を表現した色とりどりの和菓子を主に目の前で作ってたものをそのままいただくというスタイルが海外の人に人気のスポットになっており、海外でもその評判を轟かせています。

まとめ

スーパーで買える生活に近寄った和菓子もあれば和菓子屋さんでしか買えないような高級な和菓子など、海外の人に紹介する機会があれば色んな和菓子を紹介したいものです。和菓子はやはり餡子を使ったものが多いので、味は同じという印象を持たれていることがあるので、もっともっと和菓子のおもしろさを知ってもらい、目で見て楽しんで味をみて喜んでもらえると日本人として誇らしい気持ちにもなるでしょう。