大福とは

大福とは小豆でできた餡を餅で包んだ和菓子です。大福餅と呼ばれることもあります。餅はきめ細かくつかれているものが良く、餡の量は餅と同量もしくはそれ以上入っています。また餡の代わりに豆やヨモギが加えられている場合もあります。最近ではいちごやカスタード、チョコレートなどの洋風化した大福もあります。大福は基本的にそのまま食べる人が多いですが、好みによっては軽く炙る、焼く、汁粉に加えたりする人もいます。大福の製品保存方法としては餅に砂糖を混ぜておくと固くなりにくくなります。

大福の種類

大福にはいくつか種類があります。豆大福は餡に赤エンドウや大豆を混ぜこんだ大福です。草大福はヨモギを入れてついた餅を皮にしている大福です。ヨモギを使っているため皮が緑色になります。塩大福は皮や餡の味付けを塩にしたものです。昔砂糖はとても高価な物だったため味付けは塩を使っていました。現在は塩と砂糖を適量に加えることが多いです。塩豆大福は塩大福と豆大福を組み合わせた大福になります。いちご大福は小豆あんの中いちごを加えた大福です。その他のバリエーションとしていちごと生クリームやいちごと白餡などがあります。梅大福というものもあります。小豆あんではなく梅の甘露煮が組み込まれています。また餅に梅の果実とシソを混ぜた大福になります。

洋風化した大福

大福の中には和菓子ではなく、洋風化した大福があります。コーヒー大福とカフェオレ大福は小豆餡にコーヒーの風味と味を加えたものです。販売店や銘菓によっては生クリームが入っているものがあります。またモンブランをイメージしたモンブラン大福があります。これは小豆餡のかわりにマロン・クリームが中に入っています。その他にはプリン大福・カスタード大福といった小豆ではなくカスタードかカスタードクリームを使った大福が入っている大福があります。

果物を使った大福

多くの大福の中には果物を使った大福があります。果物をカットした一部が入っていたり、果物がジャムのようにされて大福の中に入っている場合もあります。これらは銘菓・販売店によってまちまちです。使われている果物としては栗、オレンジ、ぶどう、ブルーベリー、ピーチ、メロン等があります。区分的にはいちご大福もこの果物を使った大福に分けられます。

大福の歴史

大福は江戸時代初期に誕生したうずらもちが1771年に江戸・小石川の未亡人によって整形され、餡に砂糖を加えたものが始まりとされています。腹持ちが良いことから腹太餅(はらぶともち)・大腹餅(だいふくもち)として広まりました。この大腹という吉字を変え大福と呼ぶ様になりました。またこの当時は「餡まんじゅう」が大人気でした。18世紀末頃には甘い餡も世に出回りはじめました。しかし、当時砂糖は贅沢品でした。そのため甘い大福はなかなか庶民では食べることができませんでした。

韓国における大福

韓国にも大福を食べる習慣があります。これは歴史的な背景があり、韓国との併合期の名残です。祝い事の際に大福を食べます。大福ではありますが「チャプサルトック」という名称で呼ばれています。そのため日本由来とはされていません。