和菓子は洋菓子に比べて自分で作るのは難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。和菓子といえば、素材にも作り方にもこだわって、細かい作業が必要だとついつい思いがちです。しかし、和菓子は日本の昔ながらのお菓子ということもあり、特にお子様向けのお菓子は簡単にできるような工夫がされている和菓子が多いです。まずは手軽に簡単に、材料をそろえる手間を少しでも省いた材料3つでできる和菓子のレシピをご紹介します。

豆乳わらび餅(4人分)

豆乳は栄養豊富な大豆から作られているため、ダイエットフードとしても人気の材料で、和菓子にもよく使われます。また、わらび餅は和菓子を代表とするお菓子として人気です。豆乳わらび餅を作る材料はこの3つです。

1.牛乳 250ml
2.砂糖  50g
3.片栗粉 50g

作り方はまず、ボウルに氷水を作っておきます。次にお鍋に全ての材料をい入れて、弱火~中火でかき混ぜ続けます。そうすると段々とかたまりになってきます。水っぽさがなくなる程度までまとまったら、耐熱のビニール袋に入れます。ビニール袋の底の端をはさみで切って、少しずつ小さなお団子状になるように絞り出すようにボウルに入れていきます。充分に冷えて固まったあとはボウルから取り出してお皿にのせて、お好みで黒蜜やきなこやあんこなどを加えて食べてもいいでしょう。

たまごボーロ(40~50個分)

たまごボーロといえば赤ちゃんの離乳食としても使われる馴染みのある和菓子です。たまごボーロを作る材料はこの3つです。

1.卵黄 玉子1個分
2.砂糖 20g
3.片栗粉 60g

まずはじめにオーブンを180℃に予熱しておきます。そしてボウルに卵黄を砂糖を混ぜ、後からに片栗粉を入れて混ぜます。生地は耳たぶくらいの柔らかさがいいので、水分が多い場合は片栗粉を少しずつ足して調節しましょう。あとは1cm程度の大きさに小さく丸めて170℃のオーブンで10分焼けば出来あがりです。

おから蒸しパン(2人分)

おからも大豆から作られます。豆腐を作る時に出るしぼりかすです。おから蒸しパンを作る材料はこの3つです。

1.卵 1個
2.おから 50g
3.重曹 小さじ1/2

作り方です。全ての材料を混ぜ合わせ、耐熱容器に入れてレンジ(500Wの場合)で3分で完成です。甘みが足りない場合は砂糖やはちみつを加えてもよいでしょう。一般的に蒸しパンと呼ばれるものはパンと名前が付きますが、和菓子に分類されます。

水ようかん(4人分)

ようかんも和菓子を代表とするお菓子です。ようかんは噛み応えの好みが人によって違うので、好みにあった水分量が調節できるようになるともっと素敵な和菓子となるでしょう。水ようかんを作る材料はこの3つです。

1.あんこ (つぶあん、または、こしあん) 300g
2.粉寒天 2g
3.水 400cc

作り方です。まず、鍋に水と粉寒天を入れて火にかけます。沸騰したら火を弱火にして2分くらい煮ます。次にあんこを入れて混ぜます。あんこのかたまりがなくなるくらいに溶けてきたら、耐熱容器に流し入れて粗熱をとったあと、冷蔵庫で冷やして固めて完成です。

まとめ

材料3つの和菓子の簡単レシピはいかがでしたか。ご家庭では洋菓子を作ることが増えてきているとは思いますが、和菓子も簡単に作ることができるのでちょっとした手土産に和菓子を包んでみてはいかがでしょうか。和菓子を初めて手作りする時は、まずは簡単なレシピから挑戦してみることをおすすめします。