最中とは

最中は餅から作った皮で餡を包んだ和菓子の一種です。皮は皮種、菓子種、最中種、種物と言われています。

最中の歴史

最中の原型は餅米の粉に水を入れて練りこんだ物を蒸し、薄く延ばして円形に切り揃えたものを焼き、仕上げに砂糖をかけた干菓子だったのです。これを使って餡を挟んだ菓子が江戸時代に考えられましたが、餡を挟む方法に改良が加えられ明治以降に現在の形が整形されました。皮種で餡を挟んだ最中が全国的に広められ現在は色々な銘菓が取り扱い・販売しています

最中の主な製法

皮種については生地を薄く伸ばすところまでは同じです。しかし生地をローラーにかけてミリ単位の薄さにします。その後型を切り抜き皮種専用の焼き型で両面同時に焼きます。餅が膨らみ焼き型からはみ出る程度に広げます。またもち米に水を加えた状態で熱し、それを管に通して焼き型に注ぎ込み直接加熱プレスにして皮種を作る製法もあります。皮種は一般的に種屋と呼ばれる和菓子材料を専門的に製造している会社が和菓子店へ販売しています。和菓子店直々に皮種を作っているパターンは非常に珍しいです。餡については小豆など様々な種類がありますが最中の餡は皮種が湿気を吸ってしまうのを防ぐために砂糖をやや多めに配合されています。この餡を2枚の皮を合わせた状態で隙間がなくなる程度に1枚の皮種へ盛り付けて最後に餡を封じる皮種を被せて完成です。商品によっては皮種が湿気るのを避けるために、販売時には餡と別々にしておき、食べる際に消費者が任意のタイミングで餡を詰められるようにした商品も存在します。

銘菓の最中

日本各地に最中の専門店・銘菓が存在します。一般的に現在の最中は土産や贈答品を目的として発売されています。山鹿灯篭を模範した熊本県山鹿市の「灯篭もなか」や路面電車を模範した東京都の「都電もなか」、神奈川県の「江ノ電もなか」、大阪府堺市の「ちんちん電車もなか」、また富士重工業の車をイメージした群馬県の「スバル最中」など形状も多種多様存在し、横浜市の「喜最中」のように食べると必然的餡がはみ出るような最中も存在します。また皮種をウエハースの代わりとして使いアイスクリームを挟む最中も存在します。このようなアイスクリームは全国的に発売さてれいます。

人気がある最中

千葉県にあるピーナッツと最中を組み合わせた「ピーナッツ最中」をご存知でしょうか。甘煮の落花生を練り合わせた白い餡をピーナッツの型の最中種で包んだ一品です。さっぱりとした甘みの中に際立つ落花生の風味が大人気です。またパッケージにも人気があり、花が地面に向かって伸び、そして土の中に入り実をつけるというイメージで作られています。若い女性への贈り物に適しているという理由で購入する人も多いようです。また広島県尾道にも有名な最中があります。名前は「からさわ」といい、8角形の型をしている珍しい形の最中です。この最中の中は餡ではなくアイスクリームが入っています。サクッとした外側とひんやりと冷たいアイスクリームが合わさり、他では出せない最中になっています。この最中は尾道駅から徒歩10分で行くことができ、ここから尾道を見渡すことができる絶景を堪能することができます。