春と言えば、和菓子の中で桜餅、花見団子、新茶のおせんべいなど様々な和菓子が挙げられます。
一年中どの季節に食べても美味しい和菓子ですが、せっかく日本に住んでいるのだから、季節にあったものを食べたい時だってあると思います。
この記事では、春にぴったりの和菓子で簡単に作ることができる桜餅のレシピをご紹介いたします。

まず、桜餅とは

おそらく桜餅をご存知ない方はごく少数だと思いますが、桜餅とは桜の葉を塩漬けしたものをお餅に巻いて作った生菓子で、春の季語にもなっている和菓子です。
そして桜餅を売っている所を見かけて、パッケージに「道明寺」と書かれている場合が多いと思います。道明寺とは一体なんなのか、どこかのお寺なのだろうか・・・。
実は桜餅には典型的な「道明寺」と関東風な「長命寺」があります。道明寺の方は京都の茶店や和菓子屋などでも多く販売されており、京風桜餅とも呼ばれます。
材料に道明寺粉という物を使っており、その由来となった同名のお寺が大阪府に存在します。
対する長命寺のほうは、江戸が発祥でこちらも東京にこの桜餅を作り始めたと言われている同名のお寺があります。
二つの違いは見た目もそうなのですが、製法も大きく異なるものとなっているのです。
長命寺は、あんこを包む皮は小麦粉などの生地を焼いたもので、それに桜の葉をくるんだ見た目ですが、道明寺は「道明寺粉」というもち米を蒸し、乾燥させたお餅を使った丸い形の桜餅です。
道明寺粉は京料理などでも使われており、なかなか高級な材料なのだそうです。代用品としてもち米が使われることもしばしば。
どちらも手作りする方は少なく、見た目と桜風味の味が珍しく自宅で作ることが出来ないと思われがちな和菓子ですが、実は作る手順は難しいものではありません。強いて言えば、桜の葉がその辺のスーパーで見かけることがないのが欠点ですね。

肝心の作り方

今回作る桜餅は道明寺ですが、道明寺粉ではなくもち米で代用した物となっております。
まず、揃える材料は「もち米2合・砂糖大さじ2分の1・あんこ300g・桜の葉12枚・食紅」です。このレシピでは桜餅を12個作ることができます。
桜の葉が近くのスーパーで売っていない場合は、ネット通販で頼むのも手です。通販の桜の葉はなかなか評判も良く、桜餅を作る多くの方が利用しています。
材料が揃ったらまずすることは、もち米を洗い水に浸して、塩漬けされた桜の葉を塩抜きして水分を取りましょう。
もち米を炊くときは、おこわ2合分の目盛りに合わせてください。それに食紅を適量と砂糖を混ぜて炊飯します。
炊いてる間にあんこを丸めていきましょう。大きさは大体ピンポン玉より少し小さめに、均等になるように12個分丸めます。
もち米が炊き上がりましたら、粒が残る程度につぶしていきます。そしてあんこを覆えるだけの量を取り、どんどん包んでください。この時手に水を付けると、もち米が手にくっ付きにくくなり、スムーズに包むことができます。
包むことが出来たら、桜の葉の裏が見えるようにお餅を包み込み完成となります。

さいごに

桜もちは桜の独特な香りからか好みははっきりと分かれますが、好きな人にはたまらない和菓子です。桜餅の作り方についてご紹介いたしました。桜餅は意外と自宅で作ること工程の難易度が高くないので、この機会に是非自分で桜餅を作ってみてください。