和菓子には季節がある

和菓子をたまに食べる人や食べない人には無縁かもしれませんが、和菓子は食べると季節がより深く感じることができる不思議な力があります。この記事ではどの和菓子がどの季節に食べると良いのかを紹介します。

1月・花びら餅

花びら餅はピンク色のあんこと真っ白な餅で作られており、ピンクと白の色合いが素敵です。新年の訪れを感じることができます。ちなみに茶の場では1月だけでなく、1年を通して食べられています。

2月・草もち

2月はよもぎを用いた草餅です。香ばしいよもぎ香りにきな粉をまぶした草餅が大変人気があります。餅つき大会等でも簡単に作ることができます。全国各地で食べ方が少し異なります。

3月・桜餅

塩つけにした葉を使い、江戸時代に発祥したのが桜餅です。東日本では餡を焼きた生地で包み込んだものです。西日本ではもち米を桜の葉で包むというスタイルです。大阪府藤井寺市が発祥と言われています。

4月・花見団子

赤色と緑色と白色の3色で彩られた団子です。花を見ながら食べる風習は江戸時代に浸透しました。赤色と白色の紅白は縁起物、草色は緑色が邪気を払うとされているから3色になったと言われています。

5月・ちまき

ちまきは元々うるち米の団子を笹の葉で包んだものです。しかし、現在は異なります。現在のちまきはお店によって違い団子や羊羹、葛、外郎など様々あります。関西では、柏餅と並ぶ端午の節句の和菓子です。

6月・若あゆ

わかあゆ(若鮎)は楕円形の形をした和菓子です。求肥をカステラの生地で包み半月型に整形し焼印と目、ひれを描いて完成します。6月のあゆの解禁に合わせて売り出されることから6月に食べられていました。

7月・水羊羹

もともと水羊羹は冬に食べられていた和菓子ですが、現在では夏に冷やして食べられることが多いです。

8月・葛切り

ところてんのように滑らかな葛で作られた夏を代表する和菓子です。基本的に黒蜜ときな粉をかけて、サラッと食べることができます

9月・栗きんとん

栗に砂糖を加え炊き上げて作ります。おせち料理の栗きんとん(栗金団)とは違い、粘り気はありません。色は緑色で栗の形に成形して作りあげます。岐阜県中津川市の本家すやと八百津町の緑屋老舗が起源と言われています。

10月・栗蒸し羊羹

栗蒸し羊羹は栗の甘露煮が入った蒸し羊羹です。小豆のこし餡に小麦粉、くず粉または片栗粉・砂糖・水なぞを混ぜ合わせたものを栗に加え、型に流し込んで蒸した和菓子です。

11月・亥の子餅

亥の子餅は11月に食される和菓子です。無病息災のまじないとして中国で食べられていたことが日本に伝わり、平安時代に宮廷の禁裏にて行われていました。特に決まった形、材料、色はありません。よって地方によっては紅白色の饅頭だったり、ごまを餅につけたりしています。材料も地方によって差異があり大豆、小豆、ササゲ、栗など様々です。

12月・柚子餅

12月の冬に作られるのが柚子餅です。柚子の皮が入ったことによって風味がしっかり味わうことができます。

さいごに

和菓子と一言でまとめても、食べる季節と選ぶ和菓子によって美味しさが全く異なります。みなさんもその季節に合わせて和菓子を選んでみてはいかがでしょうか。より一層美味しく和菓子を食べることができますよ。