仙台・ずんだスイーツ

ずんだとは枝豆をすり潰して餡のようにしたものです。かつては枝豆を打ち潰して作るという製法が主流でした。砂糖を使いずんだを甘く味付けし、餅や団子にまぶした「ずんだ餅」はとても有名です。仙台を中心にこの地方では昔から食べられていました。最近はずんだの存在が全国的に知られるようになり、ケーキやジュース、たい焼きにも使われる等々のアレンジが多量に出てきました。

宮城県・栗団子

鳴子温泉に訪問した際には、ぜひとも「栗団子」を食べましょう。甘く煮詰めた栗を一つまるごと包んだ柔らかなお餅にとろりとしたみたらし風の醤油をかけて食します。栗のほっくりした食感とやさしい風味が甘く少し辛い餡とよく合うように作られています。甘いものが好きな人、嫌いな人関係なく食べるこtができる一品です。温泉街の出店や休憩所などで食べることができます。

岩手県・けいらん

民話のふるさと・遠野で昔から愛された甘味食の1つです。こしあんをお椀の中に入れ汁と絡めたものです。その形態が鶏のけいらんにそっくりということから命名されました。岩手県では、おやつを食べるころを「こびる(小昼)」と呼ぶ習慣があり、けいらんもよく作られるメニューの1つです。遠野の伝統行事や生活を擬似的に体験することができる「伝承園」や、大正12年の創業からこのけいらんを作り続けている「鶴乃屋菓子店」など様々な箇所でこのけいらんを食べることができます。

山形県・おきつねはん

山形県の郷土菓子として「おきつねはん(別名きつねめん)」はとても庶民に親しんだ和菓子です。黒砂糖と小豆を使った生地をきつねの面に見立てた菓子です。天保11年に庄内藩主へ転封命令が下り、農民たちが阻止した天保事件が発端で誕生しました。その翌年に農民たちの願いが叶い、藩主への感謝としてこのおきつねはんを奉仕したのがきっかけだと言われています。独特の舌触りと食感を堪能することができる鶴岡を代表する銘菓です。

福島県・栃もち

栗に似た形状をしている栃木ですが、アクが強すぎてそのまま食べることはできません。その栃の実を時間をかけてあくを抜き、餅米と蒸してからついてもちにしたものが栃もちです。栃もちは他の米だけを使った餅とは違い茶色で独特な苦味があります。主な食べ方は砂糖をつけたり、塩茶づけにするのがよく使われる食べ方です。またあんとからめた「あんこもち」と「おしるこ」です。栃の実が小豆の甘さを引き立ててくれます。

福島県・あわまんじゅう

あわまんじゅうは柳津町を代表する和菓子です。あんをアワの実とモチ米で包んだシンプルな作りになっています。黄色いアワのプチプチした食感、もち米の柔らかい口当たり、あんの程よい甘さが合間って多くの観光客を魅了しています。作りだされたのは江戸時代の末期です。町では火災や水害等の天災が頻繁に起きていました。もう2度とこのようなことがないようにという願いを込めたのがあわまんじゅうの「あわ」に該当します。当時は食べる和菓子というより、住職のお供物としての菓子という使われ方をしていました。

おわりに

今回この記事では東北にスポットライトを当てた郷土菓子について記述しました。しかし、和菓子は地方によって食べ方が全くことなるため1度食べてみるのも良いかもしれません。