函館・大沼だんご

明治38年、大沼公園が道立公園に指定されました。地元の名物として誕生したのが「大沼団子」という和菓子です。団子は小指の先ほどの大きさしかありません。串には刺すことなく、中に仕切られた箱に詰められた状態で手に取ることになります。味付けにはしょうゆあん・こしあん・ごまだれが使われており、団子にかかっているという状態です。自家製粉したしん粉を蒸し、その後地元の山から流れている水を使って急激に冷やします。味は見た目に反してドロっとしておらず、さっぱり甘いつるんとした食感を楽しむことができます。地元と住人との関係を大切にすることを重視しており、店舗や商品数を増やさず、創業当時から変わらない場所で製造・販売を行なっています。

旭川・美瑛・富良野「黒豆甘納豆」

製造・販売しているのは旭川食品という銘菓です。この旭川食品のスタンスは「土地柄をいかす」ということを意識しています。また「目に見える原材料」「食べて健康」も重視しています。そのようなスタンスの元、製造・販売しているのが「黒豆甘納豆」です。原材料の黒大豆は「安心・安全・体に良い」という視点から地元の契約農家が栽培したものを農協で選別し、合格した良質な豆をさらに一粒一粒再確認するという徹底ぶりです。見事、選定された黒豆甘納豆は鮭の皮から絞りとった加水分解コラーゲン100%の乾燥粉末とビート糖を使った上品な甘さでやわらかく深い味に仕上げています。良質な黒大豆だけを選定してから作られるコラーゲン入りの珍しい甘納豆です。

北海道全域・旭豆

「地元十勝でとることができる大豆で菓子を作ろう」というスタンスで作られたのが旭豆の起源です。明治35年にこの旭豆は誕生しました。100年以上たった今日でも十勝で採れた豆を炒り、菓子になっている旭豆は北海道全域で人気があります。豆の煎り具合、蜜の煮詰め方など代々受け継いだ技術を使って製造されています。十勝の音更(おとふけ)町で生産される糖度の高い大粒の大振袖大豆を士別産の甜菜(てんさい)糖で作った砂糖衣で包みます。口の中にはカリッとした食感とほのかに甘い風味を感じることができます。

室蘭市・うに煎餅

室蘭市にお店を構える富留屋(ふるや)の3代目が開発した名物の煎餅です。北海道のうにとバターに卵を組み合わせて他には出すことができない独特な風味を堪能することができます。作り方は材料を練り合わせた生地にやきうにをのせて天火で焼き上げて作っています。

北海道・北見地方「薄荷羊羹(はっかようかん)」

北見地方のハッカ栽培はかつてとても盛んに行われていました。現在は人工物により衰退しました。しかし、かつては全国1位の生産量を誇っていました。北見市の菓子舗清月が香りの強いハッカを主原料にして、小豆とビート糖を用いて創作しました。独特な香りが夏に清涼感を与えてくれる菓子になっています。

札幌市・山親爺(やまおやじ)

瓦(かわら)煎餅の1つで札幌市に店を構える千秋庵(せんしゅうあん)が販売元になります。北海道で採れた質の良い小麦粉、牛乳、バター、卵を使って雪の結晶型に焼き上げた煎餅の表面にサケを担いだクマが描かれています。山親爺という名前は親愛と畏敬(いけい)の思いをこめたヒグマへの愛称です。