群馬県・焼きまんじゅう

群馬県を代表する和菓子と言えば、県の中部で特に食べられる焼きまんじゅうが有名です。小麦粉で作られるまんじゅうを串にさし、味噌ダレを塗ります。その後火で炙り焦げ目をつけて完成という製法です。群馬県は米麦の二毛作が盛んです。県内では「焼きまんじゅう屋」で供されていますが、最近は味のレパートリーがたくさん増えてきました。具体的に言うと餡が入った焼きまんじゅうや洋菓子風にカスタードを入れた焼きまんじゅうも存在します。発祥には諸説ありますが、少なくても150年以上の歴史があるとされています。養蚕や織物といった繊維関係が多くある工場地帯で広まったとされています。いまでは花見や夏祭りといったお祭り行事には必ずといっていいほどに出店が存在します。

東京・あんみつ

東京発祥の甘味といえば「あんみつ」が有名です。明治30年代始めに浅草で誕生した「みつ豆」が銀座に伝わります。その後、銀座で「みつ豆」は「あんみつ」へと発展します。寒天の上に、赤エンドウ豆と果物、そして餡を乗せて黒蜜をかけて食すのが「あんみつ」です。みつ豆から派生した甘味は数種類あり、ソフトクリームを乗せた「クリームあんみつ」の他にソフトクリームに白玉を加えた「白玉クリームあんみつ」などがあります。あんみつから派生した甘味は今でも庶民の味として愛され続けています。

栃木県・鬼怒川温泉「おまんじゅう」

小麦粉と黒糖を練りこんで作った生地で、餡を包みこみます。その後、蒸して作られるのが鬼怒川温泉のおまんじゅうになります。餡だけでを包んで作ったものが小倉餡と呼ばれ、もっとも一般的なまんじゅうになります。しかし、中身の違いだけでなく、食感、味わい、皮の滑らかさ等々はお店によって全く異なります。そのため鬼怒川温泉に訪問した観光客はおまんじゅうを食べ巡る人がとても多いです。

神奈川県・へらへら団子

神奈川県で有名な和菓子といえばへらへら団子が有名です。佐島の船祭りの際、市指定重要無形民族文化財である「佐島御船歌」、特産品である「マダイ」とともに奉納される伝統的な郷土菓子です。平たくした団子にあんこを混ぜたもので、餡が波打つような独特な形状をしています。現在でも地元の船乗りたちには無病息災・豊漁を祈願して神棚に供物として置かれたりしています。また農林水産省が2007年12月18日に「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれています。

茨城県・館最中

茨城県の筑波・土浦で主に食べられている郷土菓子が「館最中」です。藤原秀郷が平将門討伐の際に、茨城県の筑波市に館を建築し拠点としていました。このような経緯があり、和菓子は「館最中」と命名されました。選定された十勝産の「大納言」を、50年間この和菓子を作っている職人が練り込んで作られるあんは控えめな甘さと小豆の味をしっかり堪能できる仕上がりになっています。リピーターの多くはこの香ばしく焼き上げた皮と味わい深い餡に魅了されています。そのあまりの美味しさから日本全国から購入を求める声が上がっており、現在の年間の総売り上げは25万個を超えるほどの人気があります。今では筑波市を代表する銘菓のひとつになっています。