長崎県・長崎カステラ

1624年に長崎県にポルトガル人が来訪し、カステラの製法が伝授されました。当時のカステラは今売られているカステラよりも硬いという特徴があります。そのため日本人の口にはあまり合いませんでした。そこで日本人の口にも合うように水飴を使ったり、釜を変えたり等の試行錯誤が行われました。明治時代の初期、現在のようにしっとりした口当たりとカステラの底に付いたザラメ糖が特徴の長崎カステラが作られました。現在でも多少の改変はあるものの、基本的な作り方は変更していません。

熊本県・いきなりだご

輪切りにしたさつまいもと餡を小麦粉の生地を包んで蒸し上げるという製法を使っています。熊本県に昔から伝わる自然本来の味を効かせた郷土菓子です。名の由来は短時間で作ることから名付けられました。戦後、食糧難に陥った際には餡を使わないいきなり団子を食されました。今では熊本県を代表する有名な和菓子になっています。

長崎県・寒晒し

「寒晒し」は一口サイズの小さな白玉団子を島原の湧き水で冷やし、はちみつや砂糖などで作った特製の蜜をかけたデザートのことです。口の中で柔らかい白玉餅が簡単に溶けて、上品な甘さが口の中で広がります。また島原は冷たくひんやりした水が湧き出る箇所が多く、名物になっています。このような理由から寒晒しの人気はとても高く、地元住民だけでなく、遠方から食べにくる方も多くいます。島原市はこの寒晒しを全面的に後押ししており、「寒晒しマップ」という寒晒しを提供しているお店をマップにしたものを配布しています。

佐賀県・だんご

佐賀市と唐津市の中間に位置する「厳木(きゅうらぎ)町」に古くから語り注がれているのが佐用姫伝説です。その伝説に登場する踏みつけられ、平らな形になったお団子をモチーフにされたのが「佐用姫だんご」です。形としては平たいですが、中にはあんこがたっぷり入っています。地元産の小豆を使い添加物は一切使用しません。そのため、安全面や健康面でも高い信頼を寄せられています。お茶漬けにも最適で、昔から地元では親しまれています。

熊本県・あくまき

5月の端午の節句の際に振舞われる鹿児島県の郷土菓子です。灰汁と竹の皮が使われているため、保存性が高い菓子になっています。鹿児島県ではちまきと呼ばれています。このあくまきに関する歴史は古くからあり、島津義弘が関ヶ原の戦の際に、自身の食料として所持していたという説があります。また年貢が高く、家の食料もままならない農家たちの保存食としても広まりました。きな粉に砂糖・黒砂糖をかけて食べます。年中食べることはできますが、旬としては5月の端午の節句に多く食されています。作り方としては灰汁につけた餅米を竹の皮で包み、灰汁を加えた水で3時間以上茹でます。その後、きな粉や砂糖、黒砂糖をまぶして食べるのが一般的です。この郷土菓子は鹿児島県だけでなく熊本県や宮崎県でも郷土菓子として食べられています。

福岡県・成金饅頭

九州の有名な銘菓、「四宮の成金饅頭」というものがあります。どら焼きに酷似した形をしたいますが生地がとてももっちりしています。また中の白あんはうずら豆・インゲン豆を使ったまろやかな風味が特徴です。結婚式や法事などの行事に贈り物としてよく使われます。