島根県・出雲ぜんざい

和菓子といえばぜんざいと言っても過言ではないです。その人気っぷりは目を見張るものがあり、最近では海外の人も食べるようになりました。トロッと甘い小豆と柔らかいお餅の組み合わせがたまりません。そんなぜんざいですが、発祥は出雲です。ぜんざいは出雲地方の「神在(じんざい)餅」が元になっており、その出雲弁がなまってぜんざいと呼ばれ、そのまま京都に伝わったとされています。神の拠り所の出雲で歴史と神秘的な力を感じながら食べるぜんざいは美味しいこと間違いなしです。10月31日は「1031(ぜんざい)」の語呂に合わせて「出雲ぜんざいの日」となっています。

鳥取県・いもぼた

さつまいもの皮をむいて取り出します。その後、おにぎりくらいの大きさに整え少し砂糖を絡めたもち米と一緒に炊き、炊き上がったらきな粉をつけて完成です。正月もちが余った時などはいもともちを一緒に蒸して「いもぼた」にします。昔から水田に恵まれない弓浜地帯ではさつまいもを主に栽培していました。現在では色付けが施されており、三食いもぼたと言われています。

島根県・松江和菓子

江戸時代の代表的な茶人としても知られている松江藩第七代目藩主、松平治郷と関係がある島根県松江市は京都や金沢と並ぶ和菓子の激戦区です。今でも城下町の色を強く残しており、多くの和菓子の名店が引き締め合っています。有名な和菓子としては紅白一対になっている落雁(らくがん)で、手で割るとデコボコした模様になります。これが山と川に見えることから「山川」という名前がつきました。他にも若草色をした寒梅粉がまぶされた上に上品な甘さと柔らかさを備えた「若草」があります。その他にも多くの銘菓が点在しています。

島根県・どじょうのはなくそ

ざるを持ってひょうきんな雰囲気で踊る「どじょうすくい」は島根県安来地方に伝わる民謡の「安来節」とともに舞われていることが多く、そこから安来とどじょうは非常に密接な関係があります。そんなどじょうと関係を表現した和菓子が「どじょうのはなくそ」です。名前からどのような菓子か想像することができないと思いますが、2センチほどのせんべいになります。たっぷりと黒ごまをのせてあるので、その黒ごまが鼻くそに見えることからこのような菓子名になりました。黒ごまにはタンパク質、ミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれているため栄養が豊富に入っています。口の中で広がる香ばしいごまの風味に負けてしまい、一度手を出すと手が止まらなくなります。

鳥取県・とちもち

縄文時代から食べられていたとされる栃の実を餅米と一緒に蒸して味付けされたのが「とちもち」です。こしあんを包んだり、あんを覆ったりとお店によって提供する形は全く異なります。しかし、どれも共通して素朴な味で昔ながらの味わいを楽しむことができます。栃の実は栗同様、あくが強すぎるためしっかりアク抜きをしないと食べることができません。今でこそ短時間でアク抜きができますが、先人たちはこのアク抜きだけに1ヶ月の時間を要する方法をつかっている時もあったようです。先人たちがアク抜きへの努力を惜しまなかったからこそ、今の美味しい栃の味を出しているといっても過言ではありません。