山梨県・笹子餅

笹子餅は山梨県を代表する和菓子です。甲州街道湯一の難所の「矢立ちの杉」の麓で「峠の力餅」とされていました。峠を越える人が力餅として食べていた、明治38年東洋一のトンネル「笹子トンネル」が開通しました。そのトンネルを開通作業期間中によく食べられていたため、「笹子餅」と名付け地元の名産品として愛されるようになりました。

新潟県・ぽっぽ焼き

新潟県新発田区域では、祭りになると「ぽっぽ焼き」という特別なお菓子が販売されます。発祥は明治終期ごろの新発田市で焼き練り菓子として考案された「蒸気パン」ですが、世代が変わるに連れて「ぽっぽ焼き」と名前が変わっていきました。しかし、当時はなかなか有名になることはありませんでした。ですが、近年はB級グルメとして新潟3大グルメにもカウントされているほどに有名になりました。見た目は若干小さく細長いカステラのような形をしています。食べると口の中に黒糖の甘みと風味が広がります。どこか懐かしい味わいで、県民からも親しまれている和菓子です。

新潟県・沢根だんご

「沢根だんご」は上品な甘さが特徴の一口サイズの団子です。江戸時代、金山で栄えたのが佐渡島です。金山で掘られていた金は中山峠から沢根集落を通って船積みされました。その峠の茶屋で売られたのが「沢根だんご」です。その後、この沢根だんごはたちまち大人気になります。佐渡産のコシヒカリを自家で製粉し、こねて蒸します。その後うすでつきます。さらに清らかな地下水で冷やし、手早くこしあんでくるむと完成します。餡の原料となる小豆も、無農薬の佐渡産です。食べ方としてはそのまま食べても良いのですが、冷蔵庫で軽く冷やして氷を添えて食べると白玉のような口当たりで後味も爽やかです。

長野県・くるみおはぎ

長野県東信地方では有名な和菓子です。おはぎとはくるち米ともち米を炊いて混ぜ、小粒が残る程度にうすでつきます。小ぶりになった米粒を俵の形状にまとめ、餡をまぶした食べ物です。くるみおはぎの主料は名前の通り「おはぎ」です。香り高い鬼くるみで作ったタレをかけたり、くるみを全体にまぶすなどして食べます。全国的にあまり知名度は高くありませんが、長野県の東信地方では、家の周りにくるみの木を植え、冬の脂肪分として苗ている家庭もあります。このような風景はこの地方では当たり前のことです。

 

新潟県・柿もち

「柿もち」は新潟県の佐渡南部で有名な伝統的な菓子です。特産品の柿を栽培している農家で伝承され続けた昔ながらの優しい味わいを持つお餅です。モチ米と柿だけというシンプルな素材はどちらも佐渡で採れたものを使用します。調味料も佐渡近辺から採った海水から作った塩だけにこだわって作られています。砂糖や添加物は一切使うことはありません。干し柿ならではの自然な茶色をしており、そのまま焼いて食べることができます。食べる際も醤油やバターといった追加で使う調味料は必要なく、柿本来の自然な味わいと甘みを堪能することができます。また焼いた際によく伸び、ぷっくら膨らんだ姿はどこか可愛い印象を与えてくれます。また佐渡にはたくさんの郷土菓子が存在するため、一度調べてみるのも良いかもしれません。