岐阜県・五平餅

「五平餅」は平たく潰したモチ米を串焼きにして、焼いた後に甘めに仕立てたタレを塗って焼き上げたものです。岐阜県の三河周辺に伝わる郷土菓子です。しかし、全国的にも知名度は高く、岐阜県といったら五平餅を連想する人も多いです。地域によって形が若干異なり、中津川市近辺では串に練りつけたモチをわらじのように平たい楕円形にする「わらじ型」が主流です。タレの味も多彩で、しょうゆや味噌を用いて味の基礎を作り、くるみやごま、えごまを使って仕上げます。家庭で作る際には卵やはちみつ、蜂の子を使用する家庭もあります。

岐阜県・栗きんとん

岐阜県の栗きんとんは全国的にも有名な和菓子です。発祥は岐阜県の中津川市の恵那市などの東濃地方です。この地方は栗が盛んに栽培されています。秋に収穫される栗を使って栗きんとんや栗ご飯などの栗を使った郷土料理が食卓にならびます。作り方としてはゆでた栗に砂糖を加え、火を入れながら練ります。その後、茶巾で絞ります。さらに整形をして完成です。栗きんとんを販売しているお店は多くあり、その分たくさんの和菓子店があります。そこで中津川市は販売店時期になると駅前と特産店でマップを配布しています。

静岡県・おはたき肉まき

「おはたき」は袋井市内(遠州地域の大井川から天竜川までの間の区間)で江戸時代から食べられている「うるち米」をベースにしたお餅です。くず米や脱穀などで使わなくなった部分を米にしてからお餅にしてお雑煮や焼き餅にして食べられています。「おはたき」の意味ですが、粉に変える行為を「はたく」といい、ここから「おはたきもち」と呼ばれるようになったのではないかという説があります。また、昔のくず米を用いて作っていたため色が若干黒っぽかったのですが、今では選定されたうるち米を使っているため色もきれいに仕上がっています。おはたきの特徴としては「伸びることがない」「冷やしても硬くなることがない」「煮込んでも溶けることがない」「歯切れがよくのどに詰まることがない」という特徴を持っています。「おはたき肉巻き」は袋井市浅羽地域の飲食店の有志で結成した「おはたき研究会」のメンバーで次の世代へ美味しいおはたきの作り方を紹介しています。

静岡県・猪最中

伊豆・天城の猪をかたどった最中種に店舗独特のあずき餡を多量に包んだ最中です。伊豆天城山脈は昔から鹿や猪といった獣が多く生息しています。猪最中は猪鍋をヒントにして生まれたものです。餡は選りすぐりの良質を使っており、火加減や炊き上げの時間に気を配り伝統的な製法を守って作り続けられております。

岐阜県・豆つかげ

つかげとは「揚げたもの」を意味をなす飛騨方言です。飛騨古川に古くから伝わる菓子です。大豆に砂糖や醤油、小麦粉の衣をつけてじっくり揚げた一品になります。素朴な大豆の旨味とほのかな甘みサクッとした食感で多くの人を魅了しました。地元住民だけでなく、遠方から購入しにくる方も少なくありません。部類的には和菓子ですが、お茶だけでなくおつまみとしても美味しく食べることができます。たくさんの和菓子がありますが、意外と日本酒と合う和菓子というのは少ないのですが、この豆つかげは良く合います。