宗家 源吉兆庵(そうけ みなもときっちょうあん)は和菓子の製造と販売を行っている和菓子ブランドです。企業は株式会社 宗家 源吉兆庵という子会社で、その親会社は株式会社 源 吉兆庵になります。この宗家 源吉兆庵の和菓子はおせんべいやおまんじゅうといった定番の和菓子もありますが、特に有名なのが四季の果物を使用した和菓子です。

宗家 源吉兆庵について

親会社である株式会社 源 吉兆庵は本社が岡山県岡山市にあり、子会社である株式会社 宗家 源吉兆庵は東京中央区銀座にあります。子会社は他にも、株式会社 菓匠 清閑院(京都市左京区)、株式会社 日本橋屋長兵衛(東京都中央区)、株式会社 西洋菓子鹿鳴館(東京都中央区)があります。親会社である株式会社 源 吉兆庵は1977年に設立され、子会社である株式会社 宗家 源吉兆庵は2009年に設立されています。「源」は和菓子の原点、「吉兆」は喜びの兆し、「庵」は人が集う場所、というフレーズをかかげています。

お菓子の製造工場は岡山に3か所、鳥取県に2か所あります。岡山県は桃やマスカットなどの果物の生産が盛んに行われていることで有名です。

販売においては、直営店は銀座本店、鎌倉本店、岡山本店の3か所で、全国の百貨店にはもちろん、ニューヨーク、ロンドン、香港などにも海外にも店舗があります。オンラインショップでも購入することが出来ます。

その昔「菓子」は果実や木の実のことを指した「果子」とされていました。宗家 源吉兆庵では、菓子の原点である果実をまるごと使用した和菓子が有名です。

「宗家 源吉兆庵」桃和歌姫(ももわかひめ)

販売期間:2月下旬~4月下旬

グリーンピーチと呼ばれる若い桃の実をまるごとひとつ使った和菓子です。グリーンピーチは若い実とあって風味とうまみが凝縮されています。その実をじっくり時間をかけて果肉はもちろん種まで甘く煮て、白い桃の香りのする桃餡と清涼感あるお餅でひとつひとつ丁寧に包み込んでいます。

「宗家 源吉兆庵」桃泉果(とうせんか)

販売期間:5月上旬~8月中旬

白桃の果汁をとじ込めたゼリーの中に種を取り除いた白桃がまるごとひとつ入った和菓子です。白桃は傷がつきやすく繊細な果物ですので、ひとつひとつ袋をかけて丁寧に育てます。白桃の色がとてもきれいに仕上げられたゼリーです。夏に冷やして食べて涼しげな雰囲気を味わうことができます。

「宗家 源吉兆庵」陸乃宝珠(りくのほうじゅ)

販売期間:5月上旬~9月中旬

鮮やかなマスカット オブ アレキサンドリアをまるごと一粒やわらかい求肥と砂糖の粉で包みこんだ和菓子です。源吉兆庵ではマスカットの農園を持つほどで、一粒一粒厳しい審査をくぐり抜けたマスカットが使われています。酸味と甘みの組み合わせがとてもフレッシュな味わいに仕上げてくれる和菓子です。

「宗家 源吉兆庵」粋甘粛(すいかんしゃく)

販売期間:9月下旬~2月中旬

長野県産の上質な市田柿をまるごとひとつ使った和菓子です。自然の恵みをたっぷりと受けた上品な甘みを持つ市田柿の中に口どけにこだわった白餡を詰め、さらに羊羹で包みこんで最後にみじん粉(もち米を蒸して乾燥して粉にしたもの)をまぶしています。自然の素材にこだわった逸品です。

まとめ

和菓子の醍醐味である季節が味わえる商品を扱っている宗家 源吉兆庵です。素材にもこだわったそれぞれの商品はそれぞれの季節限定の商品ですので、和菓子の美味しさを味わうと共に季節を感じるのもまた風流ですね。