懐紙という名前を知っている方は、若い方では少ないと思います。出先で和菓子を出されたときに和紙が敷かれていると思いますが、あの紙こそが懐紙です。

茶席や外出時に役に立つ懐紙ですが、具体的にどんな役割を持っているのでしょうか。
この記事では、懐紙についての様々な使い道をご紹介いたします。

そもそもの役割とは

懐紙というのは言葉の通り、懐に携帯する紙で、少し小さめで二つ折りの和紙の事を指します。
平安時代から使われていたもので昔の人は、これをメモや便せん代わりにしたり、今でいうハンカチの役割で使っていました。
今では和服着用時や、和食や懐石料理を頂くようなフォーマルな場で使われることが多いです。
文房具屋さんに行けば必ずと言っていいほど懐紙は置いてありますので、今度思いだしたら探してみてください。今ではかわいい柄のものが多く売られているため、より日常生活でも使いやすいものとなりました。

具体的な使い方

懐紙の使い道としては主に「包む・拭く・書く」ことができます。

包む(受ける)

茶席などで食べきれなかったり苦手だったりするお菓子をそのまま残すのは失礼だと思う時には、包んで持ち帰えるために使えます。
これは多くの方が経験したことがあると思いますが、目上の人がいる場でサクランボなどを食べる際、タネを出す時どうすればいいか悩んだことは無いでしょうか。
そのままペッと出すのも汚いし、しかしどう出しても一度口から出したものだから人に見せるものではないと思ってしまいますよね。
そのような時は懐紙を片側に結んで細長い袋のように折り、そのなかにタネを入れれば出したものを見せる必要はありません。
その他にも食べ残したものは皿の隅に寄せて、懐紙で覆って隠すのがマナーともいわれているため懐紙は食事の場でも大活躍します。

懐紙で何かを包む場面というのは意外と多くあり、食べ物のほかにも予期せぬお客様や集まりの際にお子さまがいて、お小遣いなど渡したいときにもぽち袋として使うことができます。
お金をそのまま出すのは少し抵抗があるという方も多くいると思いますので、懐紙を日常的に鞄に忍ばせておくのはおすすめです。

拭く

お酒の席でも使える懐紙は、コースター代わりや茶碗の飲み口を拭う役割もあります。
基本的に今のハンカチやティッシュと同じような役割があるので、ものをたくさんポーチに入れるよりは懐紙一つで済ませられるものはまとめた方が良いかもしれませんね。
少なくともハンカチ・ポケットティッシュ・メモ帳は減らせるはずです。

書く

ビジネスの場ではメモ帳が必須かもしれませんが、プライベートの時はつい油断してしまい忘れることもありますよね。
そんな時に常に懐紙を鞄に入れておくとサッと書置きや伝えたい事を書くことができます。
懐紙は「手紙」とも呼ばれ、手にして持ち歩く紙という意味もありますので、懐紙をメモ代わりに使う事は間違っていません。

さいごに

懐紙の使い道を知っていただけたでしょうか。懐紙には一応男性用と女性用でサイズが分かれておりますが、流石にそこまで気にする必要はありません。
女性用のものは柄のバリエーションも豊富で可愛いものが多いですが、男性用のものはほとんどが無地のもので、日常生活で使う物としては味気なく感じる場合も。ご自分のお好きな懐紙を探してみてください。