和菓子の歴史を繙いていくと、和菓子の文化は日本の神事と深く関わりを持ちながら広がっていったことがわかります。
古来より日本人はあらゆるものに神を感じ、感謝や祈りを込めて日々神様に手を合わせてきました。
そんな日本にいらっしゃる和菓子の神様たちを御紹介します。

菓子の祖・田道間守

日本の和菓子の神様として一番有名なのが田道間守(たぢまもり)です。日本最古の歴史書である「古事記」「日本書紀」に登場し、「古事記」での表記は多遅摩毛理となっています。第11代垂仁天皇より、常世の国にあるといわれる「非時香木実(ときじくのかぐのこのみ)を探して持ち帰るように命じられた田道間守は、常世の国をめざしてはるばる海を渡り「非時香木実」を探す旅に出ます。常世の国とは当時考えられていた海の彼方にある夢の国をさします。「非時香木実」とは、時を定めずに良い香りを放つ木の実のことで、今でいう橘(柑橘類の一種)をさします。京都御所の「右近橘、左近桜」でも知られる橘は、一年中青々とした葉を繁らせる常緑樹で、縁起の良い植物とされてきました。また橘は永遠の象徴ともいわれており、年老いた垂仁天皇が不老不死の妙薬として求めたともいわれていますが、「日本書紀」によれば、垂仁天皇はこの時既に130歳を超えていたようです。田道間守は10年の歳月をかけ、苦労の末に「非時香木実」を持ち帰りましたが、垂仁天皇は既に亡くなられており、田道間守はそれを嘆き悲しんだ末に死んでしまいます。古来「菓子」は果物をさす言葉でしたので、田道間守は日本で初めて果物(橘のこと)をもたらした人物として、菓子の神様とされ、全国の菓子業者から厚い信仰を集めています。

小豆の祖・大気都比売神

あんこの原料である小豆を生み出した女神として、「古事記」に登場するのが大気都比売神(おおげつひめのかみ)です。大気都比売神は食物の神とされていました。須佐之男命(すさのおのみこと)が食事を求めると、大気都比売神は自分の口や鼻などから取り出した材料を調理して差し上げましたが、須佐之男命はそれを見て穢れたものを食べさせたと怒ります。そして大気都比売神を殺してしまいますが、すると不思議なことに大気都比売神の身体から、蚕、稲、粟、小豆、麦、大豆が生まれたそうです。大気都比売神は、あんこの原料、小豆を生み出した女神として崇められています。

餅の祖・米餅搗大使主

第15代応神天皇の時代に、生の米を水に浸して搗き砕き、それを固めた「しとぎ」を作って天皇に献上した人物がおりました。応神天皇はたいそう喜ばれ、その人物は「米餅搗(たがねつき)」の名を賜わりました。「しとぎ」とは餅の原型となるもので、古来より神へのお供え物として欠かせないものでしたので、米餅搗大使主は餅の元祖として今も信仰を集めています。また、米餅搗大使主(たがねつきのおおおみ)は、遣隋使でお馴染みの小野妹子や、美人の代名詞である小野小町など、歴史に名を残す偉人を大勢輩出した小野家の祖ともされています。

饅頭の祖・林浄因

日本の和菓子の代表ともいうべき饅頭を最初に作ったのは、南北朝時代に中国から来た林浄因(りんじょんいん)でした。林浄因の故郷である中国の饅頭は、具に肉を入れた肉饅頭でしたが、殺生を嫌う日本では神仏にお供えする饅頭に肉を入れることができません。そこで林浄因は小豆を煮詰めて味付けした餡を入れて饅頭を作りました。これが日本の饅頭の始まりです。これを「奈良まんじゅう」として売り出すと忽ち大人気となり、後村上天皇に献上すると大変喜ばれて、褒美として宮女を賜わりました。結婚式では紅白の饅頭を作って配ったそうで、それがお祝い事に紅白饅頭を配る風習になりました。

神々に感謝と祈りを捧げながら、大地の恵みである美味しい和菓子を大切に頂きましょう。