日本に古くから伝わり愛されている和菓子ですが、一体どの時代から食べられるようになったのでしょう。どこから伝わって、誰が食べ始めたのかなど考えればきりがないほどの疑問が浮かんできます。
この記事では代表的な和菓子の由来と、和菓子そのものについてのルーツをご説明いたします。

和菓子そのものの起源

西暦にすると紀元前からの弥生時代、稲作が伝わり盛んになってから人々は、果物と木の実を間食として食べるようになりました。
昔から菓子と呼ばれており、この「菓」は果物、「子」は種子の事を表して呼んでいたようです。
ちなみにこの時代では、何も加工せずに食べる果物の事を水菓子と呼ばれ、長期の保存が効くように加工された果物のことは干菓子と呼ばれていました。今でも少し意味は異なりますが使われている言葉ですね。

そして室町時代からはお茶の文化が始まりました。この辺から菓子はお茶と共に楽しむものとして料理とは独立したものとなります。
お茶で有名な千利休が好んで食べていたのが「ふのやき」というものだったのですが、これは小麦粉を溶いて焼き味噌を塗ったものととても質素で素朴なものでした。それ以外でも海苔や昆布も菓子として食べられていたようです。

京菓子と呼ばれるものが流行りだしたのは、元禄時代になります。これは参勤交代における将軍への献上品として捧げようと、多くの人がより良いものを作ろうとした結果、日本各地で現在の名産と呼ばれる銘菓が誕生しました。
この時代になるとお菓子というものは民間でも団子などの菓子ならば手軽に食べられる甘味となり、多くの人から愛されていました。

おはぎの由来

小豆の皮が点々と散りばめられている様子が、萩の花が咲き乱れている様子に見えることから、当時は「萩の餅」や「萩の花」という名称で呼ばれていました。
それが女官の言葉遣いでおはぎと呼ばれるようになり、今でもその言葉が残り使われるようになりました。
江戸時代には「隣知らず」と呼ばれていたこともあり、これは餅だというのに臼と杵を使わず作る際に音がしないため、隣家の人間に気付かれずに作れることから呼ばれていました。

桜餅の由来

桜餅の塩漬けした桜の葉で餅を包むという発想は、江戸時代の当時でもとても珍しいものでした。桜餅には「道明寺」と「長命寺」と呼ばれる種類があるのはご存知でしょうか。
これは長命寺の門番をしていた方が発案した和菓子で、桜の季節になると葉っぱの掃除がとても大変だったそうで、これをどうにか有効活用できないかと考えて、そこで今の形のように餅に葉を来るんで販売したところとんでもなく好評だったそうです。

柏餅の由来

こどもの日によく食べられる和菓子ですが、これにもれっきとした謂れがあるのです。
桜の葉ではなくかしわの葉で包んだものですが、柏の木というのは新芽が出ないと古い葉が落ちないという縁起がありそこから生まれた者です。
子孫がいなければ家が途絶えるということは今ではよくあることですが、武家社会の方々はそれを酷く恐れました。
ですので柏の葉を包んだ和菓子である柏餅は、昔から子孫繁栄を象徴するものとして親しまれていました。この他にも餡を餅で包むときの動作が拍手の手付きに似ているということで縁起が良く喜ばれたともいわれています。

さいごに

和菓子についての歴史と代表的な和菓子の由来をご紹介いたしました。
普段何気なく食べている物でもこのような由来があって今でも食べられているのかと考えると、少し感慨深いものがありますね。
皆さんも、今度和菓子を食べる時はこのような出来事を思い出して、周りの人にも教えてあげてください。