和菓子の原点は弥生時代から始まる

和菓子の起源は弥生時代まで遡ります。元々は果物と木の実でした。稲作が到来後、人々の主食は稲作から作られるお米でした。しかし、山で採れる果物や木の実を「山からの恵」としてそのまま食べていました。その後加工食品として食べられるようになります。木の実を天日で乾燥させて保存食として食べていました。どんぐりはアクが強くそのまま食べることはできないため、木の実を砕いて粉末にして水に晒すことによってアクを抜き、団子のように丸めて熱を加えるなどしたことが団子の原点になっています。

平安時代には諸国から朝廷へ真桑瓜、木通、苺などが献上されました。ここで加工をすることなく果物を食べることを「水菓子」、栗やなつめなどを加工して保存できるものを「干菓子」といわれていました。

室町時代に南蛮文化を受けて大きく変貌

室町時代に始まった南蛮貿易により、和菓子は大きく発展します。カステイラ(カステラのこと)やビスカウント(ビスケットのこと)、金平糖など砂糖をふんだんに使われた、西洋の甘い菓子が日本に入ってきました。それまで素材の風味や甘さを基本形にした菓子の世界が大きく変わることになります。

またこの頃に茶道の文化が普及することになります。お茶を飲む風習が普及したことにより、お茶に合う菓子が求められることになります。また、趣向や繊細な技術を持った銘菓が生まれます。庶民に浸透したのは江戸時代から

江戸時代になると中国やオランダから砂糖の輸入が増加し、日本国内での生産も盛んになります。それに伴い、庶民にも菓子が浸透するようになります。現在でも食べられる和菓子の多くは江戸時代に誕生したものです。

また茶の湯と和菓子の組み合わせが人気を博し、京都で美しく繊細な京菓子が発展しました。京菓子は当時の茶道家元や公家、宮家などからの依頼で豪勢な意匠、熟練された技術が生み出されていきました。

また京菓子を中心とし、参勤交代における将軍への献上品として華やかで美味な菓子が武士や大名から好まれるようになります。これがきっかけで、各菓子屋の競い合いが始まり数々の銘菓が出てきました。そして日本各地でお菓子の種類と量が急速に発展しました。

明治以降の発展

この頃、饅頭やようかん、飴、焼物、干菓子など現代でも食べられる多様な菓子が誕生するようになります。

また宮中や武家の行事が民間的になり、雛祭りの菱餅、端午の節句のちまきなどの行事にちなんだ祝菓子も普及することになります。

大正時代の末期になると開国とともに西洋の文化が日本に入ることになります。チョコレートやケーキ、キャンディーといった菓子が次々日本に入りました。ここで新たに日本に入ってきた洋風菓子を「洋菓子」、それまで日本にあったお菓子を「和菓子」と呼び分けられるようになります。

戦争を乗り越えて現代へ

昭和時代に入ると洋菓子の人気に伴い、和菓子業界も刺激されます。業界全体で洋菓子に負けないための趣向、工夫がされました。しかし、日中戦争から太平洋戦争に突入に伴い多くの和菓子店が休業・廃業せざる負えない状況になります。終戦30年代になると統制経済が撤廃され、各種原材料の統制がなくなります。これがきっかけに和菓子の製造も次第に活気を取り戻していきます。

今やクリームやバターを使用した和菓子は当たり前になっています。反対に苺大福や抹茶アイスなど和の要素を取り入れた洋菓子もあります。このように現代は和菓子と洋菓子の境目がなくなりつつある時代といえます。