日本では様々な記念日がありますが、なかでも和菓子の日というものが存在する事を知っている人はごく少数だとは思います。
一体和菓子の日とはどんな意味があるのでしょうか、全国で和菓子がお求め安くなるのでしょうか。この記事では、和菓子の日の由来や意味をご説明いたします。

和菓子の日の由来

和菓子の日という物は、平安時代の中期、日本で疫病が流行った時に仁明天皇がご神託に基づき、西暦848年の6月16日に菓子や餅を16個神前に供え、疫病除けと健康招福を祈ったことから始まりました。
この年から6月16日には厄除けと招福を願い和菓子を食べるという習慣が続き、それは何と江戸時代まで続いていたそうです。この時は、身分の位が高いものには大広間で和菓子が与えられていました。
このような出来事があったため全国和菓子協会が、和菓子の歴史や日本特有のすばらしさを後世にも伝えていこうということで、1979年に正式に和菓子の日と定めました。
今でも和菓子の日が近い週末になると、明治神宮で無料の和菓子配布イベントが行われているようです。明治神宮菓道敬神会の会員である和菓子職人がその場で作ったねりきりを頂けるというので、是非行ってみたいですね。

和菓子を食べる習慣

西暦848年にこの出来事があって「嘉祥」と改元したのですが、嘉祥という言葉には「めでたいしるし」という意味があります。
この時代では6月16日は嘉祥の日と呼ばれ多くの人が和菓子が食べられていましたが、そんな昔の時代の民間人には和菓子を買うお金もありません。
しなければいけない、というわけではなかったのですが、民間でも「嘉祥喰」と呼ぶ16文で16個のお菓子を買うしきたりは受け継がれてゆきました。
お金が無い場合には、一升六合分のお米で和菓子を買うということもあったようです。それほど嘉祥の日を大事にしていたのですね。
余談ですが、6月16日に採れた梅の実で作られた梅干を旅立ちの日に食べると災難を除けてくれるという言い伝えもあり、こちらは「嘉祥の梅」と呼ばれていました。

期間限定の和菓子も

和菓子の日にしか販売しない商品を扱っている企業もいくつかあります。とくに有名なのはとらやの「嘉祥菓子7ケ盛」で、和菓子の日を代表するお菓子なんだそうです。
この特に羊羹で有名なとらやという会社は、1947年に会社として設立されましたが、実は創業は室町時代からの超老舗で、後陽成天皇に和菓子を献上してからは皇室御用達の和菓子屋になりました。
江戸時代にも宮中にも納めていた和菓子を作っていた、日本が誇る最大と言っていいほどの和菓子企業ですね。
そんな昔から日本人に愛されていた和菓子を今でも食べられる機会はなかなかありませんので、和菓子の日と思いだしたら是非食べていただきたいです。

さいごに

6月16日の昔には、こんな大きな意味が含まれていたのですね。今の若い方たちは和菓子の日なんて聞いたことも無いという方も多いと思いますが、ふとこんな出来事があったのかと思いだしていただきたいです。
一年の中で一度も和菓子なんて食べないという人も少なくない中で、和菓子を習慣で食べる人は少ないと思いますが、これを機に少しでも多くの方に触れていただきたいと思います。