3月

三月は、ひな祭り。古くは上巳の節句と呼ばれました。
お雛祭りのデザイン以外にも、浅い春のみずみずしさを表す、伝統の意匠がたくさんあります。

菜の花

緑と黄色のそぼろあんで、きんとんに仕立てることが多いです。
「菜種(なたね)きんとん」「菜の花きんとん」
茶席のお菓子として、松江の「菜種の里」。寒梅粉に砂糖を加えた打物(うちもの)です。
白い煎り米を、菜種畑にとぶモンシロチョウに見立てて散らしてあります。
ちなみに、打物とは、寒梅粉やはったい粉に砂糖を加えて、木枠で打ち出したものです。

桃の花

三月三日の上巳の節句(じょうしのせっく)、すなわち、ひな祭りに、お供えすることが多いです。
生け花の世界でも、先ほどの菜の花と桃の花を合わせて、伝統の形に生けることもあります。
桃の花は、中国で不老長寿を表します。
中国で古くから信仰された女仙人の西王母の桃の木は、三千年に一度咲き、その実を食べると、不老長寿が約束されることから、不老長寿の象徴とされています。
菓子銘として、「西王母」「仙寿」などが、桃の形のお菓子として知られています。練りきりで作ります。

蛤の殻は、一対しか形があうものがないために、夫婦円満の象徴として、貝合わせのデザインが、ひな祭りの縁起物として使われてきました。
三月三日(旧暦なので、約一か月後)に潮干狩りをして、蛤をお雛様にお供えすることもありました。
蛤型のお饅頭も作ります。
雛菓子(お雛様用のお菓子)としては、巻貝や平貝をあわせた貝尽くしのお干菓子が用意されます。
また、京都でお雛様に供えらえる、「ひちぎり」という草餅の台に、そぼろを乗せたものは、あこや貝の形をかたどっています。宮中で、上巳の節句の準備で忙しかった時に、草餅を引きちぎるように、ひしゃくに似た形に作ったのでした。
なお、草餅の草ですが、江戸時代までは、ヨモギよりも、母子草を使うほうが多かったのです。
現在でも、鳥取県などでは、母子草の草餅を作ります。

4月

4月は桜の季節。
豊富な写真を載せられないのが残念です。

平安時代からは、花といえば桜になりました。
「初桜」「うす桜」「花錦」「桜山」「ひとひら」「花ふぶき」などの菓銘があります。
デザインとしては、桜単体もあれば、御所車や花筏、流水、扇、霞や霧と合わせることもあります。
きんとんや羊羹のさいの目きりで、桜を集合体としてあらわすこともあれば、一輪の桜を練りきりやこなしで造形することもあります。
そのような上菓子以外にも、朝菓子としての、長命寺桜もちや道明寺桜もちも。
長命寺桜もちは、小麦粉のクレープ状ですし、道明寺の桜餅は、菅原道真公の時代にさかのぼる長明寺粉で作った桜餅です。
まず、徳川吉宗が隅田川の堤防に桜を植えて、名所にしたころにできたのが、長命寺の桜餅です。
その後、上方(関西)では、道明寺粉を使った、別の系統の桜餅ができました。
現在でも、関西地方では、長命寺の桜餅は、めったに見かけないものなのです。

霞というと、春霞。春の季語です。
薄ピンクの羊羹に、黄色を流して、遠山の桜と、近くの菜の花をかたどった竿物菓子もあります。
また、下は小倉ようかんで、上の部分に、ピンクと白の上南羹を流した「春霞」という竿物菓子もあります。
上南羹とは、錦玉寒に上南粉という、きめの細かい餅粉を加えて練ったものです。
小見出し:山吹(やまぶき)
黄金色の花を黄緑の葉とともに咲かせる、山吹は、晩春から初夏の山や庭をいろどります。
その華やかで、さわやかなことと言ったら、ありません。
お菓子にも江戸時代から取り入れられたデザインです。
なかでも、虎屋の「水山吹」は、黄色と黒と黄色を三段に重ねた竿物菓子です。
さおものがしとは、ようかんのような細長い形に切ってあるお菓子のことです。
山吹は、京都の井手の里が有名なので、
「井手の里」「井手の玉川」などという菓子銘も使われました。
山吹の黄色は、クチナシの実で染めるのが決まりとなっています。

蝶は、春の季語です。
春の日差しを浴びて、のどかに飛んでいるデザインが多いです。
黄色いういろう生地を折りたたみ、蝶の羽に見立てて、焼き印で文様を表したものなど。
有平糖を蝶の形に結んだものも。

わらび

わらびの形は、のしの「のし」という崩し字の形に似ています。「わらびのし」という名前もついているのです。
お菓子としては、薯蕷饅頭にわらびの形の焼き印を押し、場合のよっては、緑を食紅で描いたりして、「早蕨(さわらび)」の意匠を作ります。
あるいは、求肥餅の上に、わらびの焼き印を押し、そぼろで、早蕨の緑と、ピンクの花をつけ加えたものなどもあります。