あられとは

あられ(霰)はあられ餅(霰餅)の略称です。米餅を2、3センチ、縦横6、7ミリ程度の長さに切った後、火で炙った菓子です。一般的には火で炙る工程が採用されますが、油で揚げたものもあります。米餅に彩を加えるためにヨモギ草や桜の葉を入れたり赤色や黄色の食材・色素を入れたりしています。またあられ専用に作られた網籠を使って炙れば餅と同等に膨らみます。食す際に塩か砂糖をまぶします。

あられとおかきの違いとは

あられとおかきの2種類の工程は同じです。ではこの2つの違いとは何か。それは大きさです。おかきは大きくあられは小さめです。しかしこれは現代ならではの区分わけです。奈良時代ではあられとおかきは全く違う食べ物でした。おかきは鏡餅を槌で砕いたものを食べていました。おかきは庶民が食べる代物だったのです。おかきは正月に神様への供物でした。それを槌で割って揚げたり焼いたりして食べていました。この餅は欠いたもち、つまり「欠きもち」に丁寧の意味を持つ「お」を付け、おかきになりました。槌を使う理由としては神様の供物に包丁や刀剣を入れるのは縁起が悪いからです。反対にあられは奈良時代に宮廷で海外の客人から出された品物でした。当時のあられは現代と製造方法が異なり、米粒を炒ったものでした。この中国が日本の朝廷へあられを寄せた理由は交易の験担ぎのためです。

米を使った「米菓」

おかきもあられも米を使った菓子なので米菓に該当します。同じ米を使う菓子でももち米ではなく、うるち米を使った菓子がせんべいになります。江戸時代に茶店で余った団子を潰して食べたのが始まりだと言われています。材料に使う米が違うと出来上がる菓子の味も異なります。もち米ではなくうるち米を材料にしたせんべえは少し固めに仕上がります。うるち米には粘りの成分のアミロペクチンが少ないので火を通したり炙っても膨らみにくいです。ただし、最近では膨らし粉を使って柔らかい食感になるように工夫されたせんべえもあります。

あられはお茶漬けにも使える

あられ自体小さいですがそれをさらに細かくするとお茶漬けの具としても使うことができます。以前はお茶漬けを食べる際に歯ざわりの良くなるとされていました。しかし、あられを茶漬けにいれて置くとより良いメリットが判明しました。実はあられには茶漬けの湿気を防ぐ効果があるというのが判明しました。それ以降、茶漬けにあられが入ることが標準化しました。密封性が高まった現代でも香ばしい風味を残すという目的と香ばしい香りが好まれるという理由からお茶漬けの具として用いられます。このお茶漬けに入っているあられのことを「ぶぶあられ」と呼び「ぶぶ」と省略されることもあります。このぶぶは京言葉でお茶漬けを意味します。

あられを使った料理が存在する

あられはしばしば料理に使われることがあります。あられをメインに使うのではなく、香りを引き立てる・料理のアクセントとして使われます。特に揚げ物によく使われます。事実、てんぷらの衣としてあられを使う天ぷら屋があるくらいです。「〇〇+あられ」で揚げ物が一段美味しくなること間違いなしです。みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか。