・「練り物」とはなにか?

練り物とは、和菓子の製法上、加熱して固めることをせず、原料の水飴や餡などを練り上げて成形したものを言います。
和菓子にはその製法から大きく分けて三種類の分類があり、水分含有量が>以上のものを生菓子までものを半生菓子%以下のものを干菓子と呼びます。
練り物は生菓子の代表的な存在であり、水分含有量の多さから、しっとりと口の中でとろけるような甘さと香りの広がる柔らかい食感が特徴的です。
また、製法上細かい色味や形が職人技によって細工され、味だけではなく美しい見た目も楽しむことができます。
ひとくちに練り物と言っても沢山の種類がありますが、中でも一般的な和菓子店などでよく親しまれている代表的なものに求肥や練りきりがあります。

・求肥・練りきり

求肥とは、白玉粉や餅粉と砂糖を練り上げたもので、製法は異なるもののなめらかな餅のような食感が特徴的であり、あんみつに入っていることでもおなじみの和菓子です。
中でも素甘(すあま)はピンク色の柔らかく甘いお菓子として定番で、子どもから大人まで広く家庭的な和菓子として親しまれています。
また、求肥を作る過程で卵白を入れて練ると、雪平というふわふわとした食感が特徴的な練り物になります。
練りきりとは、白あんにヤマノイモや百合根、白小豆などのツナギを加え、その名の通り練り上げて成形した和菓子です。
細かく成形した上で食紅や合成着色料などで多彩な色付けが施され、職人によってひとつひとつ異なった表現の練りきりが出来上がります。動物や植物などのほかに、近年ではご当地のゆるキャラを象ったオリジナルの練りきりなども販売されています。
四季折々によってその風物詩を象ったものが作られ、古くは江戸時代から茶道のお稽古やお茶会など、晴れやかな場面で楽しまれていました。
はっきりとした四季が存在する日本ならではの独自性のあるお菓子ということから、海外から来られた外国人の方々の目にも新鮮に映り、非常に人気のある和菓子です。

・練り物の美味しい頂き方

和菓子の中でも生菓子は特にデリケートなものであり、美味しくいただく上での扱いにもいくつか注意点があります。
①持ち運び方
性質上、練り物は非常に柔らかく出来ています。
一般的に和菓子専門店等で購入する場合、個包装された上で二重の箱に入れられたり、厳重な形で渡されます。
袋に入っている場合には出来るだけ水平に保ち過度に揺らさず、箱から取り際にも形が崩れないよう慎重に行いましょう。
②保存の方法
練り物は常温保存が基本になります。
洋菓子のケーキ等の感覚で冷蔵保存をしてしまうと、でんぷんの成分が硬化してしまい、カチカチになって二度と戻らなくなってしまいます。
和菓子専門店では専用の温度に保たれたケースに入っていますが、一般家庭では冷蔵庫に保管するのはやめておきましょう。
また、練り物の消費期限は大体作られてから24時間以内が目安とされています。頂くまでに間に合わない場合には、冷凍保存がおすすめです。
ひとつずつ小分けのパックに包んで、解凍する時は取り出して自然解凍を待ちましょう。
この場合、冷凍してからの期限は大体2週間程度が目安とされています。(消費期限については個別の商品によって細かく異なるので、詳しくは購入した店舗等で尋ねるのが最適です。)