ここ最近、和菓子は海外でも人気のあるお菓子となってきています。日本に訪れる外国人観光客も和菓子屋さんで自分用やお土産用に購入したりすることがあります。ふとした瞬間に外国人に和菓子のことを聞かれた時、和菓子にまつわる英語がちょっとでも話せると自慢できるかもしれません。

和菓子にまつわる英語

・和菓子「Japanese confectionery」
「confectionery」はお菓子類のことですが、実際には「Japanese Traditional Sweets」や「Japanese Sweets」で通じることがあります。

・餡子「Sweet Bean Paste」
「Bean」は豆、「Paste」は練り物のことです。餡子の原料である小豆は赤い豆「Red Bean」ですが、甘く煮てあるので「Sweet」が付きます。「Paste」だと魚やお肉のペーストをさすこともありますのでお菓子の雰囲気が伝わりづらい時は、「Sweet Bean Jam」という風にジャム「Jam」と言い換えた方がイメージしやすい方もいるようです。

・羊羹「Sweet Bean Jelly」
餡子と羊羹は英語にすると似ていますが、ゼリー「Jelly」をつけることで外国人の方にわかりやすい表現となります。

・饅頭「Sweet Bean Paste Bun」
饅頭も餡子や羊羹と似ています。外国にはないものを英語で表現しようとすると素材の説明がどうしても入ってしまいます。ちなみに「Bun」は小さくて丸いパンのことをいいます。

・餅「Rice Cake」
餅も外国にはありませんので、お米を使ったケーキという説明になります。お餅を使ったお菓子は「Rice Cake Sweets」になります。

・煎餅「Rice Cracker」
お米を使ったお菓子ですが、クラッカー「Cracker」という外国でも馴染み深いさくっとした食感のお菓子ということが分かりやすいです。ビスケット「Biscuit」だと甘いイメージになってしまうので、「Cracker」という塩味のある言葉の方が一般的な煎餅の英語として合います。

・小麦粉「flour」
小麦粉は材料で良く使われることとアレルギーもありますので、知っておくと少し便利です。花は英語でフラワー「Flower」ですが、発音はまったく同じです。

・カステラ「Japanese Sponge Cake」
カステラは和製英語で外国では通じません。元々ポルトガルから伝わったケーキが今の形になったとされている和菓子です。スポンジケーキ「Sponge Cake」ならば外国でも馴染みがあるので分かりやすいです。

まとめ

和菓子は洋菓子には使わない材料、味、食感があります。伝えたい和菓子の英語が分からない時は、その材料、味、食感を説明すると伝わりやすいです。特に、砂糖「Suger」甘い「Sweet」柔らかい「Soft」という基本的な言葉をおさらいしておくだけでも会話が通じることがあります。

和菓子という英語は、「Japanese confectionery」と言わずとも「WAGASHI」で外国人に通じることもあるほど人気のあるお菓子です。もし観光地でなにか聞かれるようなことがある時、役に立つといいですね。日本の和菓子を世界に発信するきっかけにもなるでしょう。