和菓子と一緒にいただく飲み物は緑茶やほうじ茶などのお茶がありますが、和菓子はコーヒーにもよく合います。最近では、和菓子といえばお茶、洋菓子といえばコーヒーや紅茶という考え方の垣根を越えて、お友達のおうちにお呼ばれして出されたコーヒーに和菓子を添えてあったとしても違和感を感じる人はあまりいないのではないでしょうか。それでは、コーヒーに合う和菓子にはどんなものがあるのでしょうか。

コーヒーに合う和菓子「大福」

あんこを使った和菓子はコーヒーによく合います。あんこの材料が豆であることと、コーヒーの材料が豆であることもその理由のひとつです。また、あんこの甘さとコーヒーのほろ苦さがとても合います。あんこと合わせるコーヒーは少しビターで濃い目のコーヒーが合います。できればブラックコーヒーが良いですが、ミルクを入れてももちろん良いです。ただし、砂糖を入れると少し甘すぎになってしまうかもしれません。砂糖の入れすぎには注意しましょう。あんこの甘さとのコーヒーの相性を食べ合わせながら少しずつ砂糖を加えていくことをおすすめします。特に大福はあんこのまわりのだんご部分が柔らかいけど重みのある食感ですので、コーヒーを飲みながら食べるという食感としてぴったり合います。

コーヒーに合う和菓子「羊羹(ようかん)」

羊羹もあんこを使った和菓子ですのでコーヒーに合います。羊羹はお店によって固さが微妙に違います。コーヒーを飲みながら和菓子を食べるとき、お互いにメリハリを出すために、固い羊羹の場合は薄めのコーヒー、柔らかい羊羹の場合は濃いめのコーヒーがおすすめです。苦味よりも酸味が強めコーヒーの方が合うかもしれません。羊羹は同じあんこを使っている大福と違ってだんごのような食感はありませんが、だんごの部分がないからこそのあんこそのものの味とコーヒーの味がぴったり合います。

コーヒーに合う和菓子「みたらし団子」

みたらし団子はだんごに甘いたれをかけた和菓子です。大福や羊羹よりも甘みは少ないですが、コーヒーに合う和菓子です。甘みがそれほどない分、コーヒーに砂糖とミルクを入れても美味しく食べることができるでしょう。またカフェオレなどもぴったり合います。みたらし団子もだんごですので、大福と同じでふわっとした食感がありコーヒーの合間に相槌を打ってくれるかのごとくコーヒーと合います。また、たれとコーヒーが口の中で合わさることでコーヒーの味わいにメリハリを演出してくれます。

コーヒーに合う和菓子「カステラ」

カステラはあんこは使っていませんが、コーヒーに合う和菓子のひとつです。卵を使っているカステラは、食感もふわっとしていて、ケーキのスポンジを連想させる部分もあり、コーヒーにはぴったり合います。ただし、ケーキのスポンジに比べて砂糖をたくさん使っていますので、コーヒーは濃いめのブラックコーヒーがおすすめです。コーヒーカステラという商品もありますので、コーヒーとの相性はとても良いです。

まとめ

コーヒーはどちらかといえば甘みの強い和菓子にぴったりです。また食感は、コーヒーが和菓子の邪魔をせず、和菓子がコーヒーの邪魔をしないようなしっとりとした和菓子の方が合うでしょう。ただし、正式な場では和菓子にはお茶を出すことが一般的な礼儀作法ですので、そこは日本人として、和の心として、忘れないようにしたいものです。