毎年6月16日は、和菓子の日です。全国和菓子協会が昭和54年に定めたものです。夏にさしかかろうとしているこの日は、和菓子のお店では和菓子の日にちなんだ期間限定の和菓子を販売しているところも少なくありません。また、6月16日は和菓子の日として様々なイベントが行われる地方ではいわずと知れた特別な日です。

全国和菓子協会とは

全国和菓子協会は、昭和25年6月に設立された協会です。和菓子に関連する業者が一緒になって様々な問題の解決とその対応にあたることにより、和菓子を世の中に広めようという目的のもと設立されました。平成27年6月時点で、会員数が2500名以上となっています。

和菓子の日の由来

和菓子の日の由来は、平安時代までさかのぼります。平安時代の西暦848年の6月16日に、仁明天皇(にんみょうてんのう、平安時代第54代天皇)が御神託(神のお告げ)を受けたことにより、年号を「承和」から「嘉祥(かしょう・かじょう)」という年号としました。その嘉祥元年となった6月16日の「16」という数字にちなんで、16個のお菓子を神前にお供えすることで、みんなが病気にならないよう、元気で過ごせるようにと仁明天皇が祈願を行ったことが由来とされています。仁明天皇自身が幼少のころから体が弱く、自身が医者のごとく病気や薬の知識を身につけていたこともあり、みんなの健康を気づかう部分があったのかもしれません。

嘉祥とは「めでたいしるし」ということで、年号が嘉祥となったのちも毎年「嘉祥の日」の「嘉祥の祝」として明治時代まで盛んに祈願が行われていました。明治時代以降はその行事はうすれてきていましたが、昭和54年に全国和菓子協会が「和菓子の日」として現在に復活させたのです。

「嘉祥の祝」の歴史

「嘉祥の祝」は宮中や武家で行われていた儀式でした。平安時代の後の鎌倉時代には、のちの後嵯峨天皇が東宮(今でいう皇太子)となる前に、「16」にちなんで通貨16枚でお供えのお菓子などを買い求めて神前に捧げました。このことがとても良い習わしだということで、皇位継承後も続けられたのです。

室町時代には、豊臣秀吉も「嘉祥の祝」という恒例の年中行事として行われていたことが、徳川家康の伝記である「武徳編年集成(ぶとくへんねんしゅうせい)・四十四」にも記されています。当時、「嘉祥の祝」のお菓子を「かづう(またはかつう)」と呼び、天皇に差し上げるのことがありました。その「かづう」というお菓子の呼び名がいつの間にか、当時のお金である嘉定通宝(省略して「かつう」)16枚でお菓子を買って食べるという儀式になったともいわれています。

江戸時代には、江戸幕府によって大名や旗本などの将軍に相当する地位の武士などに、江戸城の約500畳の大広間で約2万個ものお菓子を一人一つずつ分け与えるなどされました。

庶民の間でもその風習が広がりはじめたものの、本来なら通貨16枚(十六文)というお金を持って、お菓子を買って食べるということが当たり前とされていましたが、裕福ではない庶民の間では、お米(一升六合)を持ってお菓子を買って食べるということも行われていました。

また、「嘉祥縫」という6月16日の夜に16歳の袖止め(振り袖をやめて詰め袖にする成人女性の儀式)をする風習もあり、お菓子だけでなく「16」にちなんだ「めでたい風習」が当時盛んに行われていました。

まとめ

和菓子の日が近くなると、明治神宮においても参拝客に和菓子職人が作った和菓子が無料で振舞われるなどされます。日本人ならではの和菓子を後世に残すためにも、こういった和の行事が少しでも身近に触れることを楽しんでみてもいいかもしれませんね。