和菓子の主な材料といえば、やはり小豆などの豆類やもち米などの穀類が挙げられるでしょう。

この二つがあればおはぎだって作れますし、餅があればあんこのほかにもきな粉やごまを使い美味しく食べることができます。
この記事では、あまり知られていない珍しい和菓子の中で、餅を使ったものをご紹介していきます。

餅菓子とは

餅が主な材料として使われている和菓子を餅菓子と呼び、もち米や白玉粉を使い粘りを出して餅にします。代表的なものだと桜餅や柏餅、うぐいす餅などがあります。
これを基に砂糖で甘さを付けて練ったものが素甘やういろうになり、餅にあんこを包んで蒸したものは蒸し菓子と呼ばれています。

あくまき

漢字だと「灰汁巻き」と表記されるこちらは、南九州のあたりで子どもの日に食べられる餅菓子です。
言葉だけで見るとどんなものか想像し辛いかもしれませんが、これはそのままの意味で、独特の風味と触感を出すためにもち米とあくを一緒に炊きつくられる和菓子です。
食感はわらびもちや葛もちの粘りをもっと強めたようなもので、冷めても固くならないという特性があります。
あまりこれといった味はないので、きな粉や黒蜜を掛けそれこそわらびもちのように食べたり、はちみつやココアパウダーを掛けて食べる場合も。
しかし風味は普通の和菓子にはないものがあり、好き嫌いが分かれるお菓子でもあります。

お茶餅

これは岩手の郷土料理であり、平たい団子に胡桃醤油を絡めていただくという和菓子です。
お茶を使っているわけではなく、これは「うちわ餅」という言葉がなまってこう呼ばれるようになったと言われています。
かなり柔らかいもので、うるち米から作り蒸してから直接火であぶり胡桃醤油を絡めるという作り方です。
とてもおいしそうですが、残念ながら販売している場所はほとんど岩手県内の団子屋のみで、さらに日持ちもしないためにお土産として買えないのが残念です。

塩あんびん

見た目は大福で製法も大福と同じ和菓子なのですが、唯一違う所は作る際に砂糖を使わず塩で味付けしているという少し変わった大福なのです。
これは埼玉県近郊で昔から愛されていた和菓子で、今では駄菓子屋などでも売られているというお菓子です。
食べ方にも様々な方法があり、結局砂糖をまぶすという食べ方が一般的なのですが、生地を焼いて砂糖醤油に絡めるという食べ方や、フライパンで両面を焼いてはちみつを掛けるというなんとも魅力的な食べ方も。

ふちゃぎ

名前に物凄いインパクトがありますね。これは「吹上餅」と書き、沖縄県で食べられている餅菓子です。もち米で餅を作り、それに塩ゆでしたあずきをちりばめたものです。
北陸地方でもささげ餅と呼ばれている同じ製法の和菓子が存在します。
これには言い伝えがあり、小豆は魔よけの意味が含まれており、これをつぶさずにまぶすことでその年の厄災除けを祈るという物です。
最近では食べやすいように砂糖を使って甘みを付けた甘ふちゃぎや、紅芋の粉を混ぜた紅芋ふちゃぎというものも販売されているそうです。

四里餅

この餅菓子は埼玉県の銘菓で、四里の焼き印が特徴の小判の形をした大福です。こしあんとつぶあんは焼き色の向きで判別します。
四里餅にもあるお話が伝わっており、山で伐採された杉を江戸へ運ぶ際にその杉をいかだに組んで川を下らないといけなかったのですが、その帰りにこの饅頭を食べてもうひと踏ん張りの力を付けました。
また、四里の急流を下る際もこの餅を食べて、尻餅をつかずに怪我すること無く乗り切ったという話が残っているため、そう語り継がれています。
その時の大福のサイズは約200gはあったそうです。ちなみに現在食べられているダイフクのサイズは約70gなので、3倍近くの大きさだったのですね。

さいごに

あまり名前の知られていない餅菓子についてご紹介いたしました。今回紹介したお菓子が販売している地域に出向く際には、是非チェックしていただきたいです。