冬は温かいお汁粉やぜんざいが格別に美味しく感じられる季節です。
ぜんざいは漢字で「善哉」と書きますが、仏教用語で「よきかな」という意味であり、これを食べた一休和尚が、あまりの美味しさに「善哉(よきかな)」と叫んだことからぜんざいと名付けられたとの説があります。
甘いもの好きにとっては何よりのご馳走であるお汁粉とぜんざいの魅力を探ります。

お汁粉とぜんざいの違い

汁粉とは、小豆などの餡を汁でのばして砂糖を加えて煮たものに餅や白玉などを入れたものです。一方ぜんざいは、小豆などを砂糖で甘く煮て、餅や白玉や粟や栗の甘露煮などを入れたものです。
一般的には、このように餡を汁でのばしたものを汁粉といい、汁のないものをぜんざいと言います。また、関東では汁粉の中でも小豆の粒があるものは田舎汁粉、粒のないものは御膳汁粉と呼ばれていますが、関西では呼び方が変わり、粒がある汁をぜんざい、粒のない汁をお汁粉と言い、関東でいうところの汁なしのぜんざいは亀山と呼ばれています。
お汁粉の歴史は古く、江戸時代には小豆の粉の汁にだんごを入れて煮込んだ料理がありました。もともとの味は塩味で、砂糖を入れて甘く煮込むようになるのは江戸時代後期に入ってからです。
同じく江戸時代に発明されたとされる懐中汁粉は、最中の皮の中に漉し餡の粉とあられを入れたもので、日本最古のインスタント食品といわれています。

郷土料理としてのお汁粉とぜんざい

日本各地には様々なお汁粉やぜんざいがあります。
北海道の十勝地方や青森県では、お汁粉に餅や白玉の代わりにかぼちゃを入れる「かぼちゃ汁粉」があります。これはお米の収穫が難しい時代に、餅の代わりにかぼちゃを入れたのが現在も受け継がれているそうです。
他にも餅の代わりにその土地ならではの名産が入るお汁粉は多く、岩手県の一部地域では、たかきび(もろこし)粉で作ったへっちょこだんごを小豆汁に入れたり、長野県松本市周辺ではそばがきを入れたそばがき汁粉、山梨県ではほうとうを入れた小豆ぼうとうなどがあります。
また、高知県の名物である皿鉢料理では、汁物料理のひとつとしてぜんざいが出されます。祝いの席などで鯛がまるごと一尾入った鯛ぜんざいが出される地域もあるようです。
そのほか、沖縄でぜんざいと呼ばれているものは、本州のそれとは異なり、黒糖で甘く煮た豆(主に金時豆)にかき氷をのせたものを指します。

甘味処の人気メニュー・粟ぜんざいの作り方

最後に「粟ぜんざい」の作り方をご紹介します。

【材料】5~6人分
小豆…200g
グラニュー糖…200g
もち粟…100g
切り餅…1/2個

【作り方】
1.小豆は洗って鍋に入れ、たっぷりの水を入れて火にかけます。沸騰したら差し水をし、再び沸騰したら火を止め小豆をザルに上げて水を替えます。
2.再び火にかけ沸騰したら1と同じように新しい水に替えて煮ます。最初強火、煮立ったら弱火にして豆が柔らかくなるまで煮ます。
3.グラニュー糖を加え、完全に溶けたら火を止め、一晩寝かせます。
4.翌日3を火にかけ、煮立ってきたら火を消します。煮えた小豆をザルに上げ、煮汁を煮詰めたら小豆を戻し、つぶさないように練ります。
5.もち粟を洗い、一昼夜水につけてザルに上げ水気を切ります。
6.耐熱性のボウルに5を入れ水170ccを加えて電子レンジにかけます(500wで5分)、取り出して一度混ぜ、再び電子レンジに5分かけます。
7.切り餅を4等分し、6に混ぜた後、電子レンジに1分かけます。粟と餅をよく混ぜ、5~6等分して楕円形に握ります。
8.器に粟餅を入れ、4のぜんざいをかけて出来上がりです。