東海道には歴史ある銘菓がずらりと並びます。
そのいくつかを御紹介します。

静岡県で人気の和菓子

黒大奴(島田市・清水屋)
清水屋は江戸時代創業の老舗和菓子店です。黒大奴は地元の島田の祭りに登場する「大奴」に因み、明治時代に誕生しました。黒糖風味のこしあんを昆布を練り込んだ羊羹で包み、表面にケシの実をあしらった黒大奴は、美しく味も良いことから、贈答品のロングセラーとなっています。
安倍川もち(静岡市・やまだいち)
徳川家康が命名したとの説もある「安倍川もち」はきな粉をまぶした餅のことで、江戸時代から東海名物として広く知られていました。それを戦後初めて復活させたのがやまだいちです。東海道中膝栗毛の喜多八が描かれた包装紙に包まれたパッケージの中には、風味豊かな黄粉餅と餡餅が並び、二種類の味を同時に楽しめる静岡名物の和菓子です。

愛知県で人気の和菓子

餡麩三喜羅(江南市・大口屋)
江戸時代創業の老舗である大口屋が、尾張地方で古くから食されていた「麩」を使って長年にわたる研究の末、1973年に完成した生麩まんじゅうです。驚くほど柔らかい生麩の舌触りは麩三喜羅ならではの滑らかさです。サルトリイバラ(山帰来)の葉に包まれた香り豊かな逸品です。
献上外良(名古屋市・餅分総本店)
万治2年(1659年)創業の餅分総本店は、名古屋ういろうの元祖とされています。尾張藩主に献上したとされる献上外良(献上ういろう)は、最高級の米粉を使用し、昔ながらの手作りで、もっちりとして歯切れの良い口当たりと、上品な風味を持つういろうに仕上げています。ういろうが苦手な方にも是非食べてもらいたい献上外良です。

岐阜県で人気の和菓子

飛あゆ(岐阜市・緑水庵他)
岐阜の清流長良川の鮎を模した伝統的な岐阜銘菓です。平鍋で焼き上げたカステラ生地にもちもちとした求肥を包んだ姿は愛らしく、初夏を代表する和菓子として、観光客にも人気です。
栗きんとん(恵那市・恵那川上屋他)
栗の名産地である恵那市には、栗菓子の専門店が数多くあり、中でも代表的な栗菓子と言えるのが栗きんとんです。栗の甘露煮にさつまいもの餡を絡めたおせち料理の栗きんとんとは違い、蒸した栗を裏ごしして砂糖を加えて練り上げ、ひとつひとつ布巾で絞ったものを言います。シンプルな材料と工程で素材の味を生かす製品のため、大事なのは原材料です。恵那川上屋では最高級の栗を使用し、風味の豊かな栗きんとんに仕上げています。

三重県で人気の和菓子

赤福餅(伊勢市・赤福本店)
伊勢名物といえば赤福餅を知らない人はいないでしょう。形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、お餅の上のこしあんにつけた三筋の形は清流を、白いお餅は川底の小石を表しています。およそ300年の歴史を誇る赤福は、デパートや新幹線の駅など今ではどこでも買えるお土産物ですが、お伊勢参りの帰りにお店で食べる出来立ての赤福の味はやはり格別です。
平治煎餅(津市・平治煎餅本店)
阿漕浦に伝わる「平治孝子伝説」に着想を得た平治煎餅は、砂糖、卵、小麦粉のみで焼き上げたあっさりとした口当たりの煎餅で、伝説の中で平治が忘れたとされる傘をかたどっています。天皇・皇后両陛下もお買い上げになられた三重県津市を代表するお菓子です。