テレビや雑誌や店頭で和菓子を見て自分で作ってみたいと思ったことはありませんか。プロの和菓子職人が作るように素材や調理器具や作り方にもこだわろうとするには和菓子作りは少し難しいかもしれません。しかし、和菓子は家庭でも代用できるもので簡単に作ることができ、作る人、作る場所、作る環境によっていろんな味を楽しむことができます。そしてそれが和菓子のいいところでもあります。

いちご大福の簡単レシピ

<材料 (8個)>
・いちご 8個
・こし餡 240g
・白玉粉 100g
・砂糖 50g
・水 120cc
・片栗粉 適量

<作り方>
1.いちごは洗って水気をきり、へたを取っておきます
2.餡子を8等分にしておきます
3.餡子にいちごをのせて包み込みます
4.耐熱容器に白玉粉を入れ、水を少しずつ加えて溶かします
5.4に砂糖を加えて混ぜます
6.ふわっとラップをかけて電子レンジで2分加熱します
7.6を取り出し再度混ぜます
8.7を再度電子レンジにかけて1分加熱します
9.7と8を水分が飛んで耳たぶの固さになるまで繰り返します
10.9を半透明になるまで混ぜ、片栗粉の上に取り出します
11.手で触れるくらいまで冷めたら両手に片栗粉をしっかりとつけて8等分します
12.11に3をのせて包み込みこんで完成です

和菓子屋さんで売ってあるいちご大福は皮の生地を餅で作っていて次の日には乾燥してしまうものもありますが、その分出来たてのいちご大福は格別の味です。しかし家庭では白玉粉を使って柔らかい状態を少しでも長く持たせるようにすると食べやすくもなりますし、簡単に作ることも出来ます。このように家庭の味をあじわってみるのも和菓子の楽しみ方のひとつです。

カステラの簡単レシピ

<材料(牛乳パック2本分)>
・卵 6個
・グラニュー糖 200g
・はちみつ 60g
・みりん 大さじ3
・強力粉 150g

カステラの型は、洗って乾かした牛乳パックの側面を1面だけ切り取って、飲む時の口は折りたたんでホチキスで留めて作ります。

<作り方>
1.オーブンを160度に予熱します
2.溶いた卵にグラニュー糖を加えます
3.2を湯煎して人肌くらいに温まったらハンドミキサーで泡立てます
4.生地を持ち上げてリボン状に垂れるまで泡立てます
5.4にはちみつとみりんを加えて混ぜます
6.ハンドミキサーで全体をよく混ぜます
7.ふるった強力粉を5に3回に分けて加えて混ぜます
8.オーブンペーパーを敷いた型に流し入れ、少し高い所から1~2回落として空気を抜きます
9.160度のオーブンで60分焼きます
10.型から出してひっくり返し、ラップで包みしっかり冷めて1日程度保存すると完成です

カステラは糖分が多いのでオーブンで焼く時に焦げやすいです。こまめにオーブンを覗き込み、焦げそうになったらアルミホイルをかぶせたり向きを変えるなどして調整するとよいでしょう。カステラの型は本来ならば木型や金型で作ることがほとんどですが、家庭で作る時は牛乳パックでも代用でき、取り出す時も取り出しやすいので便利です。

まとめ

家庭でも作れる和菓子の簡単レシピはいかがでしたでしょうか。和菓子は洋菓子に比べて応用の幅が広がる和菓子でもあります。自分の作りやすい素材や調理器具、作り方を見つけて自分のライフスタイルにあった和菓子を探し出してみるのもいいかもしれません。